クチコミで広がらないのは商品に問題がある証拠。売り込まない鈴木心写真館の広告戦略!
見出し画像

クチコミで広がらないのは商品に問題がある証拠。売り込まない鈴木心写真館の広告戦略!

こんにちは!最近ではお散歩がてらの買い物が減り、SNSで商品を探してオンラインで買い物を済ましてしまう平山です。写真館も、商品販売も今や宣伝や広告はInstagramやfacebookをはじめとしたSNSが主となった今日。便利なようで、実は競合の母数も多く、より良い宣伝をするにはひと工夫が必要なSNS。本日は、鈴木心写真館の広告戦略術を紹介いたします!

お客さまの6割は〇〇から、2.5割は△△から!!

1枠60分55,000円、大きなチェーン店さんたちと比べると、決して安いとは言えない当館の撮影。「大切な記念日に残す写真をどこで撮ろうか」と考えてくださっている方の終点が当館である理由は、何を見て当館をお選びいただいたかで結論がハッキリとわかります。当館ではご予約をいただく際にフォームで必ず、「どのようにして鈴木心写真館を知りましたか?」とお伺いしております。

画像1

鈴木心写真館へいらっしゃるお客さまの6割はズバリ!当館が運営しているSNSをご覧になった方「フォローしていてお店の場所知らなかったけど、松陰神社を散策していたら…!」と撮影していかれた運命的な方も!!また、残りの4割のうち半分以上を占める2.5割の方は「友人・知人の紹介」。「お友達のおうちに遊びにいった時に飾ってあった写真が素敵だったんです」なんてお声もいただきますが、これがオンラインになってたくさんの人のお家に遊びにいった感覚になれるのが当館のSNSなのかもしれません!

自然な表情は衣装も化粧も超えていく

HPやSNSでご紹介させていただいている写真に写っているのは全て、実際に当館へいらしてくださったお客さま。チェーン店のようにプロ、外国のモデルさんを起用することはありません。そんな嘘偽りのない本当の表情を見てくださり、そこに共感して当館をお選びいただけているのかと思います。

画像3

画像4

お客様がSNSへの紹介を快諾したくなる理由

先日、写真館業専用のオンラインサロン「これからの写真館の話をしよう!PRO」にてとある議題が長崎県・ひとつぼ写真館の松尾さんから投稿されました。

スクリーンショット 2021-06-06 14.28.03

コメント欄で、写真館を営むみなさまから様々な意見が飛び交うなか、平山自身も色々と考えてみました。が、やはりそもそも当館に来てくださる方は、同じように当館を体験されたお客さまの表情をHPやSNSで見てくださっているからだと思いました。

画像16

自然な表情という名の友達の輪を作る

SNSでご紹介している写真が、モデルさんを撮影したものでも、サンプル写真でもない。つまりプロと一般の方が並ぶことはありません。むしろみんな自然な表情をしている共通の世界。他のお客様が自分たちの写真をみて、想像する。そんな自然な表情での繋がりが自然に生まれていくのです。

結果お客さまがお客さまを呼ぶという連鎖が、SNSへご紹介させていただくことに対してポジティブに考えさせてくれているのです。

画像9

画像8

画像8

YESと言いたくなる魔法の呪文

期待を膨らませながら撮影日をお迎えになられるかと思います。撮影当日、お子さまやご家族の話を伺ったりしつつ、まず初めに撮影の流れやポーズの確認をさせていただいております。ここで改めて

「撮影した写真や、撮影の雰囲気をInstagramやfacebookなどでご紹介させていただくこともあるかもしれないのですが大丈夫そうですか?」

と、重大なことだと考えさせてしまわないように遠回しにしかし確信的に伺います。もちろん!SNSを見てきてくださった方には、どんな投稿が印象的いだったかお伺いを立てた上でお話しをし、YESと言わせる質問ではなく、YESと言いたくなる雰囲気づくりに努めています。

画像8

あとは、実際に撮影を体験し、お客様の期待にお応え…いや、期待を超える体験をしていただくのみ!いくら上手にSNSへのご紹介をお伺いしたとしても、当館で過ごす時間をお楽しみいただくことができなければ意味がありません。そしてその体験が、「誰かに紹介したい」気持ちへ。

画像9

画像10

画像11

鈴木心写真館は、最高の瞬間を永遠にする「写真のアトラクション」だから

私たちは写真館はジェットコースターであるべきだと考えています。当日受付までが待機列、大きな大きな坂を登り一気に落下!ドキドキ〜撮影タイム!あ〜怖かった!終点までにもうひと山は、撮影後のセレクトで、こんなチョイスの仕方あるんだ!とどんでん返し。

画像12

1時間とその先のいろいろな体験には、ひとくみ、ひとくみの物語がある、一般のお客さまの写真だからこそ、当館での撮影の様子や雰囲気が垣間見えるのだと思います。

画像13

画像14

私たちには、広告のために華美な写真も、駅や電車、デパートなどに大きく掲げられる広告も必要ありません。それよりも明らかに他の写真館と異なる活動を続けていくこと。そこに集うお客様からの信頼を得ること。が結果、広がること、つまりクチコミの繋がりを作っていくと信じています。

人間の感情の摂理は、オンラインでもオフラインでも同じだから。速度や規模よりも、偽りない姿勢でじっくり向き合っていく「変わらない姿勢」こそスタッフ全員が大切にしています。

鈴木心写真館とうきょう

鈴木心写真館 ふくしま

さいごにちょっとだけご案内!

鈴木心写真館は、写真館を営む、撮影する、方々の集いの場となるオンラインサロン「これからの写真館の話をしよう!PRO」を運営しております。このサロンでは、鈴木心写真館のノウハウを完全に開示するオープンソース化をはじめ、参加をするみなさまが技術や経営の共有、効率と品質を向上を目指し、正しい価格の再設定とスタッフの育成をしていくことで、写真館界をさらに持続的にかつ、活性化することを目的としております。

サロンへの参加条件は、写真館業に携わっている方であること。そして、入会申請時に3つの質問にお答えいただくことで、参加条件の確認と是非を判断させていただいております!現在は会員料などはなく完全無理無料でご参加いただけますが、自己紹介やコメント・投稿をしないなど、見ているだけの方は退場となってしまうことご注意ください!

画像15

写真館業に携わっていないけれど、鈴木心について、鈴木心写真館について、写真についてもっと知りたい!という方は是非「これからの写真の話をしよう!Lite」へどうぞ!

画像17


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!( ^ω^)ねこ
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、30000名以上を撮影。スタッフによる写真館日記や写真館の運営ノウハウから、鈴木心による写真の心得など充実野菜しております!