見出し画像

本日の鈴木心写真館:4月28日 #2 「蜂蜜とチーズと心霊現象」の巻

4月28日2組目のお客さまは、お着物が素敵な花柳さまご一家。日本舞踊を生業とされるご家族です。

長門での出張写真館を知って参加したいと思ってくださっていたのに叶わなかった、長女の寿寛福(じゅかんふく)さん。その際に出張写真館体験をされたご両親と、東京にいらっしゃる弟の寿寛聖(じゅかんせい)さんとともにリベンジで、お申し込みいただきました!ありがとうございます!

お着物を整え、まずはご家族集合写真です。ご準備の間、お父さまが心霊現象のお話を聞かせてくださいました。ザビエル生誕500年の式典に和蝋燭(ろうそく)を奉納するため、スペインへ行かれた際にお父さまの回だけ日に三度も音が出なくなったそう。「松陰神社も大きなパワースポット。なにか起こるかも……」とおっしゃられましたが、無事完了です!

続いて、それぞれのポートレートもお撮りします。宣材としてお使いになられるお写真には、紋が見えることが鉄則なのだそう。古くから守られてきたものを受け継いでゆく、素敵なことでございます。

お母さまの撮影の際、鈴木が好きな男性のタイプを問うと、「先生(=鈴木)のような」とのお答え。ご子息がすかさず、「主人じゃないのか」とおっしゃられますが、それはまた別なのですよね!?続いて、リベンジマッチの寿寛福さんも。好きな食べものは「蜂蜜とチーズ」と、お酒の進みそうな大人のご回答で盛り上がります。

そして、大トリはお父さまです!「私のは遺影用だな」とおっしゃっておられますが、おしゃべりも弾む撮影タイム。皆さまに見守られながらお腹について指摘されて気にされている姿が乙女のようです!

大盛り上がりの撮影を終え、セレクトタイムも賑やかです!ご子息は「どれがいいか任せます」とおっしゃていますが、皆さまでああでもないこうでもないと言いながら選ばれている時間もたのしんでいただけている模様。

仕上がった写真を見て、喜んで目を丸くされる寿寛福さん。写真館体験を果たし、ご満足いただけたようで何よりでございます!

最後は、寿寛福さんをならって「蜂蜜とチーズ」です。心霊現象も起きずにつつがなく、そしてたのしんでいただけたようですし、また何かの折にいらしていただけたら嬉しく思います!(記事:末松早貴 写真:高木亜麗)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます!

ご家族写真に、宣材写真!あらゆる皆さまのご来店、スタッフ一同お待ちいたしております!お申し込みはこちらから!5/13(日)は少し空きがございます(※5/5現在)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!( ^ω^)ねこ
6
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。