見出し画像

本日の鈴木心写真館: 「偶然が産んだ必然のヤー!?」の巻

はじめてのお誕生日!

数日前に1歳を迎えられたばかりのかんくん。ご両親とともに、そのお誕生日のお祝いの撮影でいらしていただきました。赤ちゃんと呼ぶには成長されていて、少年と呼ぶにはまだ幼い。それがきっと、1歳というお年頃なのです。

作戦会議の場所となっているあのお店とのご縁で

私たちがよくミーティングがてらランチをしている超ご近所のGoda Cafe(ゴーダカフェ)のFacebookがきっかけで、この写真館を知ってくださったのだそう。店主・小田さんご一家は一度撮影にいらしていただいたこともある(めちゃくちゃ笑った回でした! こちらの記事参照)のですが、本日ご来館の奥さまが働いていたのが偶然にも以前小田さんがいた職場だったこときっかけで知り合う機会があり、その投稿へとたどり着いたとのこと。ご縁って不思議ですね。そして、なんともありがたいことです。

まずは、主役のソロシューティングから始めましょう。まだ椅子に座るには足がギリギリですが、しっかり男の子! すっかりミニカーたちに夢中で、ご機嫌です。良いぞ良いぞ〜!

高い高〜い!

そのままの調子でいきたい、家族集合写真。ちょっぴりコワモテの旦那さまとも仲良しのかんくんは、パパの高い高いでご機嫌です。このまま行けるかな〜? 最後までかんくんの気持ちを持続させようと、アンパンマンかな? 何が好きかな? とひたすらおもちゃ箱を漁るスタッフ一同。

「暴走しました」 by.高木

試行錯誤を重ねた結果、まさかの最大ヒットは「パフッ」と鳴るラッパ(暴走族を彷彿とさせる、アレです)! キャッキャと喜ぶかんくんに大人はちょっぴり困惑しつつも、パフパフパフッという音が写真館に鳴り響きます。記録係の高木がラッパを担当していたため、そのシーンを写真に収められなかったのが悔しいところだ!

「ペットボトル、大好きなんですよね」

ラッパで盛り上がったあと、クールダウンをしていただくためにお出ししたミネラルウォーターのペットボトルをガジガジするかんくん。ラッパへの反応といい、ワイルドなクールダウン方法といい、将来が心配……いえ、楽しみです!

拍手をしていただけなのに……

指差す先には、かんくんと奥さまのように両手をパーにする旦那さまの姿が。「なんかダチョウ倶楽部みたいじゃない?」と突っ込む鈴木ですが、それはヤー!ではなく、かんくんを盛り上げるためにパチパチと拍手をしていたところだったのです。でも、そんな姿も後から見返したら面白い思い出話に火が付きそう!

迷いに迷って、数枚をセレクト。ご家族集合写真はユニークな一枚とともに、かんくんを見つめる優しいご両親の姿が映る一枚が選ばれました。どちらも、とても素敵なのです。

記念撮影も、ヤー!

この2枚、並べてスクロールするとGIFアニメみたいな上、下の写真のほうが皆んな楽しそうなのですが、上の写真で旦那さまがやっぱり飛び出す存在感を見せているのもどうにもツボにはまってしまったので、両方ともアップしてしまえ!(笑)実際これを見ていると、楽しかった撮影がありありと思い出されます。かんくんご一家にとっても、そうであったら嬉しいなあ!(記事:末松早貴 写真:高木亜麗 撮影:12月8日)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます。

※年内のご予約は満員御礼!ありがとうございました!
2019年のご予約、すでにスタートしております。
以下のスケジュールなら、現在空きがございます。(※12/18現在)
1/12(土)、13(日)、14(月・祝)
(時間は個別にお問い合わせください)

ご予約はこちらから!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!覇王翔吼拳!!!
6
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京