見出し画像

本日の鈴木心写真館:「だれがために、写真はある?」の巻

全人類が写真に、たずさわる日々

写真、というものを、誰もが撮るようになってからさらに時が経ち、誰もがそれを他者に公開することが可能な今日にあって、わたしはいつも、一緒にいるひとにカメラを向けられたとき、それがInstagramやFacebookに公開されることを想定してしまう。

だからといって、そのたびに「どう見られたいか?」ということを考えて表情を作ったり、髪を直したり、する必要も本当はないのだろうけれど、誰もが見ることができるSNSという空間に、その写真がぽっと投げ込まれることに対する自意識って、今、誰にも、どうしようもなくあるのではないかしら。

だれがために、写真はある。

一方で、この写真館で撮られる写真のことを考える。その写真は、誰のもの? 何のため? わたしたちは、ここでの写真が、ただ、お客さまのそのままの姿を、お客さま自身が知ることができる、いつまでも思い出すことができる、ものであって欲しいと思うのです。

そんな姿は、一緒にいるひとがいつも見ている自分の姿、でも、それをみんなで並んで写真に残す、ということは誰もが写真を撮る時代であっても案外むずかしいこと。だから、それができる、場所であれたら。

たしかにわたしたちは、楽器や、ぬいぐるみ、たくさんのミニカーを撮影で使うこともあるけれど、写真を見ると、音もぬいぐるみもミニカーも、写真を撮っていたはずのわたしたちすらも、ふっと消えてしまったような気持ちのすることがあるのです。それが、今日の記事の、一番最初の写真でした。

見ることは、見られること

写真を撮るとき、選ぶとき。それを持ち帰って、家に飾って、これから先もずっと、お客さま自身が見ていたい写真って、どんな写真だろう? ということを一緒に考えたいし、そうであって初めて、誰かに見せたときにも、伝わる写真になっているような気がする。

誰だって、カメラの前では緊張するもの。だからわたしたちは、できる限りここを安心できる場所にしたくって、ふっとお客さま以外のものが消えてしまったみたいなあの一瞬を逃さない瞬発力で、いつもそこに立っていたいと思うのです。(記事:湯本愛 写真:齋藤さおり)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます。

11月のご予約可能日は、以下の通りです。(※10/20現在)
11/10、17、18、25(お時間、個別にお問い合わせくださいませ!)
年内いっぱいまでのご予約承り中です。ご予約はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!\(^o^)/
10
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。