見出し画像

鈴木心のスマホ写真道場 「一眼レフよ、さようなら」

今回の旅ではiphoneXSしか持ってきていません。前回二回分ではTOKYO GRAPHER の外付けレンズを付けた写真をお見せしましたが、今回はiphoneのカメラのみ。ちなみにアプリも純正のカメラアプリしか使わない派です。その実力を通して思ったことです。


RAWデータって本当に必要なのか?

映像でも写真でも撮影画像を加工しやすい状態で保存して(HDR)あとでプリセットやエフェクトをかけても画像が破綻しないようにする形式が広まっています。かなり柔軟。いままでRAWじゃなきゃだめだろう、と思っていた僕もいいかjpgで、と思っています。なんでかって言うと、、、、

写真はディスプレイで見るものになったんだから。

インクジェットや印刷になったときによく現場で聞く言葉。「この色印刷で出すのむずかしいんだよなぁ」うーんと、印刷する必要ないんだよなぁ。みんなスマホとパソコンで見るわけだし。

ボケた写真はボケた人が

なにかと一眼レフ勢は、ボケがボケが、、、、という話になるので、ツッコミさせていただくと、ボケっていうのはエフェクトの一種でごまかせるわけです。構図も光も、情報の整理も。そうすると一向に写真が上手くならない。おんなじ写真しか撮れませんから。それで良いのなら大きくて重いカメラとレンズで楽しんでください!

クライアントがビビる

写真も仕事で「ラフな感じで」という依頼があって「じゃあiphoneで!」とお答えすると「いや〜っ」って、写ルンですならって、それ、変わりませんから!むしろ画像のチェックもできないし、写っているかどうかもわからないし、、、、解像度なんて見る方も気にしない時代でしょう。 (という中で、勇敢にもロッキンオンの『CUT』編集部は、iphoneいいですね〜〜〜〜!と撮影しました!さすが!)

自分だけの道具を所有する優越感?

だなんて、上達には繋がらない。みんなが持っている道具で違う結果を出す。スポーツはそうでしょう?写真はスポーツなんです。最後に生き残る種族は、誰でも使えるもので違う結果を出す人。写真は誰でも撮れるもの。だからプロのみなさま、備えて〜!

ありふれた風景をしっかり受け止める

いつもとちょっと違う角度から眺めてみると、人の表情も世界もガラッと変わる。僕が写真っておもしろい!と思うのは、たったのボタンを押すだけで人の数だけ世界の見え方を共有できるということです。

良い写真に近づくために

重くて、高価な機材なんて、必要ない。厳しい山に登る時に、必要なのは機材の前に知識でしょう?写真だってそうなんです。なんでいま、この写真撮るんだっけ?その問いに答えられるのであれば、きっとあなたは機材なんて気にしないで「良い」写真を撮れるでしょう。

これ以上、考えなくなる前に

楽しさの中に学びがある。だからまず楽しいことが大前提。どうせなら遊びを通じてもっと豊かになってしまえたら、美味しい。写真はそのほかの芸事とくらべて、結果が早く出ます。だから、その気になれば前進しやすい。しかし、手グセに甘んじておんなじ写真に滞留する人も多い。いつもおんなじものを食べていて大丈夫ですか?他にも美味しいもの、あるかも!写真の世界も意外と広いので、ぜひ楽しんでいただけたら!

ちょっと、刺さったかも、という方には、

マネしないように、写真の作例は載っていません!

写真は見るものじゃなくって、読むもの。撮影者の思想を知ってみよう、そして伝えてみよう。そんな方には、

いやいや、写真は技術と機材だろ〜っという方には、

みなさんがご存知のあの写真の撮影方法やセッティング図すべて明記してあります。でもね、不思議とおんなじ写真撮れないので、ぜひ試してみてください〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございMAX!
73
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。