7月29日 本日の鈴木心写真館 「クルマだけでも?」「撮れますよ!」の巻
見出し画像

7月29日 本日の鈴木心写真館 「クルマだけでも?」「撮れますよ!」の巻

7月29日のお客様は、元気な3歳、ゆうたろうくんと、ぐっすり生後1ヶ月のかんたろうくん、そしてご両親。

やっぱり、クルマとアンパンマン!

ゆうたろうくん、ご来店早々おもちゃ箱で見つけてくれたミニカー。しかも扉が上に開くなんて! と大興奮。「どんなお車でここまで来たの?」と聞くと、「これ!」と黒いミニカーを指差すゆうたろうくんに「たしかにうちの車も黒いけど、BMWではありません!」とお父様!(笑)

撮影が始まると、慣れないカメラにゆうたろうくんの不安顔が続きますが?

スタッフ得意のアーンパーンチ!ののち、モニターに写し出されたご家族との写真に大喜び。

黒いテープは、スタートライン

このまま、おひとりでの撮影もいけるでしょうか。と思いきや、パパとママがカメラの後ろに来ると、「ひとりはいや〜」とママの後ろに隠れてしまいましたので。ならば、としばしミニカーで遊ぶ様子を見守っていると、撮影位置の目印に貼られた黒いテープに合わせて、綺麗にミニカーを並べたゆうたろうくんから、鈴木へのリクエストが。

「くるまだけも、できる?」

上手に並べたミニカーだけのお写真を撮ってほしい、と車好きフォトグラファーの腕鳴るご依頼! 「できます!」と全力で応えた鈴木に、ゆうたろうくん「すごーい!」とまたまた大喜び。撮影の様子にも興味津々でした。「結構上手でしょ?」と調子に乗ってもう1枚。

「せっかくだから、一緒に写ったら?」とご提案すると、ミニカーと一緒に見事なポーズ。「進撃の巨人みたい!」とご両親を笑わせた1枚です。

起こしてごめんね

お次はかんたろうくん。ずっとすやすや眠っていらっしゃいましたが、撮影となると寝起きまなこで音が鳴る方へ、視線はばっちり。「動きがうちの亀に似ている...」と鈴木。手足ひとつ動かすにも一生懸命な様子、なんてったって生まれてきて1ヶ月、今しか撮ることができない姿です。

撮られたくなる、写真館

「写真館で、写真を撮る」。その状況を理解できる大人と違い、子どもの感情表現は本当に素直。不自然な状況には不安な顔をし、いやだと思ったときにはカメラの前でじっと我慢することもありません。笑うのは、本当に楽しいとき。大人だって、子どもだって、無理をする必要はないのです。「笑わせる」ではなく、「楽しくなっちゃう」写真館でありたいな。

「あの人がボタンを押すと、どうやら画面に目の前のものが写るらしい」と気づいたゆうたろうくんが、ご家族と、車という、好きなものと一緒に写ることを楽しむ姿に、わたし自身もまた、「写真に写る」という体験をピュアに見つめ直すのでした。

撮影を終えて外に出るなり、真夏の空に向かって駆け出したゆうたろうくん。何を見て、どんなふうに大きくなるんだろう!

今はまだ、かんたろうくんを抱っこするには小さな体で断念した兄弟の2ショットも。かんたろうくんがミニカーで一緒に遊べるくらい大きくなったら、また撮りに来てね。(記事:湯本愛 写真:高木亜麗)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます。


お申し込みはこちらから!

10月1日より、誠に勝手ながら基本撮影料を現在の29,800円(税別)から44,800円(税別)に改定させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。料金変更前の撮影可能スケジュールは、下記のとおりです。

8/18(土)、9/8(土)、15(土)、22(土)、23(日)、24(月・祝)、29(土)、30日 (日)(※8/7現在)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!(´▽`)
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、30000名以上を撮影。スタッフによる写真館日記や写真館の運営ノウハウから、鈴木心による写真の心得など充実野菜しております!