見出し画像

本日の鈴木心写真館:6月23日 #2 「どんぶりを買いにケーキ屋さんへ!?」の巻

6月23日2組目は、つい「たくみさん」と呼びかけてしまうほど、貫禄のあるお顔立ちの3か月の男の子とそのご両親です。「JR SKISKIの写真が心に響き、興味を持ったんです」とご予約のメールにも熱く書いてくださった旦那さまは、鈴木の近著「撮影ノート」をご持参でいらしてくださいました!ありがとうございます!

「毎年、家族写真を撮っていきたいんです」
たくみくんがお生まれになったタイミングで、雑誌「2nd」で当写真館のことを知ってくださったそう。「とびっきりの記念写真を、鈴木さんなら撮ってくださると思って」と、嬉しいお言葉です!たくみくん、人生初の記念写真。もしかすると、今後も記念写真を撮らせていただくことで成長を見守れるかもしれません。その勝負の初回です!

「今日の本当の主役はね……」
旦那さまのポートレートから始まり、続いては最重要である家族写真撮影へ。なのですが、その最中にゴソゴソとパーティーグッズとケーキを取り出し、「ハッピーバースデー!」とカメラの前に侵入する私。そう、撮影当日はなんと、旦那さまのお誕生日だったです!

直前に奥さまから別途ご連絡をいただき、ぶっつけ本番でのお祝いでスタッフ一同ソワソワしており、旦那さまソロシュートから始まったのにそのシーンの記録が全くないほど!ところで、私は思うのです。このために一生懸命ご準備された奥さまだって今回の主役ではないかと。見てください!こんなに良い笑顔なのですよ!

「100円ショップでどんぶりを買うとウソついたのに、信じたんですよ」
と笑う奥さま。サプライズを成功させるため、前日にケーキやクラッカーを買いにひとりで出かける時間が必要でなんとかついたウソに対して、旦那さまは「どんぶりなら、他の雑貨屋さんのほうが良くない?」とおっしゃっただけ。全くバレていませんでした!

いらしたときの荷物の多さも「子どもと出かけるといろいろ必要だもんね」と、ちょっぴりマイペースな旦那さま。ですが、クラッカーの音に驚いたたくみくんを泣かせてしまった以外は大成功ですもの。めでたしめでたし!メインアクトは終わりましたが、まだまだたのしい時間は続いていきます。

みんな、メロメロ!
最後は、たくみくんソロショット!クラッカーの音に驚かれたりしていたのもなんのその、キュートなポーズをカメラに向けてくださいます。北斗の拳のケンシロウみたいな男前なお顔をしてみたりもね。我々もメロメロです〜!

「落ち着いている表情のほうが長持ちするよね」
たくみくんのお写真を見ながら、「招き猫ポーズか、ケンシロウか」と、鈴木がつぶやき、「瞬発的に出た表情より長持ちする表情をお勧めします」と付け加えます。ひとしきり考えたあと、勢いよく「左上はどうですか!」と指差す旦那さま。「確かに、可愛い」と、みんなで盛り上がります。

突如、サイン会に!?
そうだそうだ、せっかく持ってきていただいたんですから!と、撮影ノートにサインを。まあ、本にサインせずとも額の裏にこんなに書いているのですけれど!

仕上がりをお見せすると、お写真に写っているのと負けないくらいの素敵な笑顔を見せてくださったご夫妻。大成功のサプライズバースデー記念写真となりました。こんな貴重な時間のお手伝いができ、とても光栄です!

またいつでも遊びにいらしてくださいね!今回はクラッカーで少し泣かせてしまいましたが、次はたくみくんも一緒にクラッカーを鳴らしてくれるようになっているかも?(記事:末松早貴 写真:齋藤さおり)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます!

皆さまの記念撮影を盛り上げるためなら、無理難題にもお応えする鈴木心写真館です!お申し込みはこちらから!7/7(土)午前中に少し空きがございます(※6/30現在)。

また、これまでに写真館体験をされたことのあるお客さま!いらっしゃいましたら、「#鈴木心写真景」キャンペーンへご応募を!本日締切です。お急ぎください!(詳しくはこちらをチェック!)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!( ^ω^)ねこ
7
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京