見出し画像

写真道場#6 幡野広志X鈴木心「写真は読みものです」開催のお知らせ

写真道場でお馴染み、幡野広志と鈴木心が知床を旅する記事が雑誌ブルータス「解放される旅、音楽」特集。この発売を勝手に記念して写真道場#5を開催します。まずは開催詳細から!(文中の写真はその際の両名が撮影した写真の一部です。)

あ、その前に前回のレポートはこちらです!

18年10月7日 
16:30時開場
17:00開演
20:00時終演予定
休憩あり 途中入退場自由


場所:
amana square session hall
東京都品川区東品川2-2-43
http://amana.jp/company/shops-galleries/imagallery.html

出演:
鈴木心
幡野広志


定員50名

入場料 
・一般1名:5000円|1人
・一般2名以上友達割:4000円|1人
・学生&スタジオマン応援割:2000円|1人
(学生証、所属スタジオを確認させて頂きます。)

お申し込み:https://goo.gl/forms/oSylKpzTAEBVR4Lo1
早めのお申込みで、皆様からの質問に鈴木&幡野が全て答えさせていただきます!是非早申込みください!

良い写真、読む写真

今回の道場は「写真は読み物」をテーマに、同じ旅の中で撮った2つの視点、その意味を比較していきます。僕たちが写真を始めた頃、書店には溢れるほどの写真集がありました。雑誌にはいつも新しい解釈の写真が展開され、その中で作家や編集者の意図を「読む」楽しさがありました。

書店から写真集が消え、スマホでいつもで写真が見れる時代。下から上へと消費されていく、ボケたり、逆光でふわっとしたり、ランチ、ペット、我が子。そんな見た目だけの「見る」写真が溢れている。写真のおもしろさって何だったっけ?

なぜ写真を撮るのか

写真は選択すること。目の前に広がる風景からある部分とある瞬間をある設定してで選んでいく。なぜ?それは伝えたい人、伝えるために。状況から情報を選ぶ、それが撮るということです。さて今回の内容は、、、

・ブルータス編集部鴨志田さんが振り返る知床と、面倒な2人の写真家の旅
・なぜ写真を撮るのか
・旅と写真の密な関係
・写真を撮る心構え:幡野広志の巻
・写真の読み方:必殺!鈴木心のプロフィール写真占い
・対決、旅写真:幡野VS鈴木の知床写真真剣勝負
・またやるぞ!どうするRAWデータlightroom VS Capture One
・まとめ!写真じゃなきゃできないこと。

写真集は見る哲学書

小難しいことを読まなくても、見るだけで、写真の先にある思想に触れることができる。もっと豊かな考えや視点に触れる最も簡単な手段、それが写真の本当の魅力だと言えるでしょう。

写真をもっと知る、旅へ

今回もいつもの楽しいトークと、本当も写真を実演を観戦し体験することできっと「写真の読み方」を見出し、写真の本当の楽しさを感じるでしょう。なぜ私たちは写真を撮り、なぜ見るのか、を知る旅に是非ご参加ください。

最後にもう一度、詳細です。

18年10月7日 
16:30時開場
17:00開演
20:00時終演予定
休憩あり 途中入退場自由


場所:
amana square session hall
東京都品川区東品川2-2-43
http://amana.jp/company/shops-galleries/imagallery.html

出演:
鈴木心
幡野広志


定員50名

入場料 
・一般1名:5000円|1人
・一般2名以上友達割:4000円|1人
・学生&スタジオマン応援割:2000円|1人
(学生証、所属スタジオを確認させて頂きます。)

お申し込み:https://goo.gl/forms/oSylKpzTAEBVR4Lo1
早めのお申込みで、皆様からの質問に鈴木&幡野が全て答えさせていただきます!是非早申込みください!

前回の道場#4の模様!

もう一回!前回の詳細はこちら!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!( ^ω^)ねこ
23
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京

こちらでもピックアップされています

鈴木心写真館の写真道場!
鈴木心写真館の写真道場!
  • 52本

写真はライブだ!鈴木心写真館主催、プライベート、不定期開催ワークショップのおしらせとレポートです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。