見出し画像

とある写真館がこれからのコーヒーに願うこと。

すっぱい、にがい。後味が舌にのこって気持ち悪い

これが本当のコーヒーなんだろうか。カップに口を一度つけて、まったくコーヒーを飲めなかった僕が、ひょんなことから11月に初めて焙煎して二ヶ月。何十回も焙煎、何百回も抽出を繰り返して、なんとなく見えてきた自分の思うコーヒーってこういうものなんじゃないかを体験していただく機会設けてみようと鈴木心写真館の珈琲の日を開催しました。

COFFEE IIって呼んでください。

いろんなお店に行きました。いろんな本も読みました。だけど、豆も、挽き具合も、抽出方法も、それとは別のものにしました。いままでの自分が飲めないコーヒーを、COFFEE I として、僕らがめざすものは、COFFEE II。バックトゥザフューチャーは過去へ。バックトゥザフューチャー2は、未来へ。前の作品とは全くちがうもので良いのだと思います。

飲んだ日が、記念日。

ぼくらの専業は写真館です。視覚表現です。コーヒーは味覚、そして嗅覚の表現だとするのであれば、それは全く違うものかもしれません。しかし、コミュニケーションという観点からすると、写真もコーヒーもどちらも大変身近な存在です。それを用いてどう伝わっていくか、繋がっていくかの作り方に関してはまぁまぁ自身があります。撮った日が記念日、飲んだ日が記念日。特別な体験をした日が、記念日ですよね。

コーヒーであそび、コーヒーでまなぶ

違和感、は自分の価値観を広げるチャンスです。写真もコーヒーも、楽しいからこそ違和感も気にならない。学びはいつも楽しさの中にある。だからそんな違和感を提供し続けられたらと思います。

1月26日、コーヒーの日開催いたします。予約制ですが、無料です。

お客さまには、鈴木心が焙煎した豆をご自身で挽き、珈琲を淹れて飲むところまでを体験していただきます(ちょっとしたお菓子付き)。「30分に1組(2名様まで)」ご予約制、参加費は無料です。

日時:1月26日(日)
場所:鈴木心写真館(世田谷区若林4ー27ー11)
参加費:無料

時間:
10:00~10:30
10:30~11:00
11:30~12:00
12:00~12:30
13:00~13:30
13:30~14:00
14:30~15:00

*下記フォームにて、ご希望のお時間をお選びください。
*フォームに表示されている時間帯が空いている枠となります。
*埋まり次第、お時間の枠は削除されます。
*フォーム送信後、こちらからお送りする予約完了メールをもってご予約確定となります。フォーム送信の翌日以降もメールが届かない場合は、お手数ですが下記メールアドレスまでご連絡いただけますと幸いです。また、その他ご不明な点などございました場合も、お気軽にご連絡くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

お申し込みフォーム:お問い合わせ先:鈴木心写真館suzukishinphotostudio@gmail.com  090-8000-1515

コーヒー活動の今までは、こちら!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!(゚д゚)ォ!
14
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京

こちらでもピックアップされています

よかった記事
よかった記事
  • 40本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。