見出し画像

本日の鈴木心写真館 8/5 #3「次に撮る日は、何柄だろう?」の巻

8月5日、3組目はこちらの伊藤さまご夫妻。実は旦那さま、鈴木心の『写真がうまくなっちゃう7のこと』に質問を掲載させていただいていたり、昨年福島は猪苗代にある「赤い家」でのワークショップにもご参加、そして直近ではツタヤのイベントもいらっしゃってくださるなど、ご縁の深い方!

1980年生まれの会

美大生時代からのお付き合いだというおふたり、実は鈴木心と同い年! 同じ時代に、それぞれデザイン・映像・写真を学んでいたお三方。実は旦那さまの拓郎さん、学生時代から鈴木心のことをご存知だったそう。

拓郎さん「鈴木さんが学生時代にやってたwebサイトを見てました」。
webサイト上に写真をあげるのが流行り出した頃で、当時はみんなが互いの写真を見合っては、真似をしたり、より過激なものを、と競い合ったり、学生たちが盛り上がっていたそう。「なつかし〜!」としばし80年生まれトークに花咲かせる3人を見守りました。

夏休みは、やっぱり、短い

お付き合いが長いだけあってとてもリラックスされたご様子のおふたり。ところで、旦那さま、誰かに似てるって言われませんか?

すずき「なんでそのシャツを選んだんですか?」

拓郎さん「会社に柄シャツ部っていうのがあって」

ゆもと「まさかの部活動!!!」

すずき「思い出した! こないだのツタヤのイベントでこけしのシャツ着てましたよね!?」

いらっしゃいました!! たしかに、一度見たら忘れられない柄シャツです。これを着こなす拓郎さん、会社の柄シャツ部、であったとしても、オフの日も柄シャツを着る。これこそ本当の柄シャツ好きです。

「あ...大江千里?」

と撮影後にぽつりと呟くおふたりに、「え、今!?」と思わず突っ込み。マタニティーフォトをかねてと、実ははじめて夫婦でのお写真を撮ったという、ゆったりおっとりなおふたり。「これからは定期的に家族の記念写真を撮っていきたい」と拓郎さん。

若かりし頃の鈴木のwebサイトが繋げたご縁。末長く、柄シャツの変遷も、お子さまの成長も、撮影させていただけたら嬉しいなあと思うのでした。
映画好きなおふたり、最近一緒に観たのは「ジュラシック・ワールド」だそう。記念写真は「各々の思う恐竜」ということで、撮っていたときは気がつかなかったけど、意外と、みんな、全然ちがうー!(記事:湯本愛 写真:高木亜麗)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます。

はじめての夫婦写真、きっかけがなんだって、それがいつだって、良いのだと思います。思いついたら、撮った日が記念日。お申し込みはこちらから!

10月1日より、誠に勝手ながら基本撮影料を現在の29,800円(税別)から44,800円(税別)に改定させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。
料金変更前の撮影可能スケジュールは、下記のとおりです。
9/8(土)、15(土)、24(月・祝)、30日 (日)(※8/22現在)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!俺より強い奴に会いに行く!
5
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、30000名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京