見出し画像

本日の鈴木心写真館:6月9日 #1 「お父さんとお母さんもこんな時期があったのよ〜」の巻

6月9日1組目にご紹介するのは、このフレッシュなおふたり。現在愛知県にお住まいのゆうみさんと都内在住のゆうたさんです。遠距離恋愛真っ只中!

「追いかけて来ちゃいますっ!」
ゆうたさんの就職をきっかけに遠距離恋愛になったというおふたり。ですが、ゆうみさんも3年間続けたお仕事をやめ、上京してくる予定だそうです。愛の力だ!5年経ってもこの初々しさはすごいですねと驚いていたら、「まあ、末松はスレているから」と言われる始末。おふたりよりもちょっぴり、お、大人だからです〜っ!

「付き合って5年記念日!」
偶然Instagramで写真館を見つけ、おふたりで撮りたいと強く思ってくださったというゆうみさん。ゆうたさんにお話になったところ、すぐに記念日に撮ろうということになったそうで、お申し込みいただきました。

「美肌のほうが美肌に写ります」
どちらに座るかを迷われているおふたりに「ライトに近いほうが顔への美肌効果がありますよ」と私がお伝えしたところにかぶせられた、鈴木の名言ならぬ迷言。いや、それはそうでしょう!

「あれ、半纏は……!?」
そうそう、セリフもさることながら、本日の鈴木は半纏を脱ぎ捨ててカプコンの非売品エプロンです。まるで、ゲームセンターの店員さん。それでも、写真のクオリティにおふざけはございませんので、皆さまご安心ください!

「写真用に買いました」
お揃いらしき黒いトップスが、ぐっと引き締まった印象を与えてくれます。「濃いめの服がおすすめだとおっしゃっていたので、買ったんです」とのこと。おふたりの笑顔が引き立ちますし、何よりそれほどたのしみにしてくださっていたのだなと嬉しく思います。

「付き合って2〜3か月っぽいと言われます」
5年も付き合っているとは思いがたい、ホットな空気が写真館に溢れています。「いまだにお互いやきもち妬いちゃうんです」とおっしゃっていて、思わず「これは恋愛ドラマか!」とツッコミを入れてしまった末松でございます。しかし、その気持ちもスパイスとなって、この仲睦まじさを生んでいるのでしょう。

「お父さんもお母さんもこんな時期があったのよ〜」
カメラの向こうからの突然のオネエ口調に大笑い。そうですね、きっとこんな時期のあったそれぞれのご両親から生まれたおふたりが、さらに素敵なご家族になって、そのお子さまへとその遺伝子が引き継がれていったりするのでしょう。勝手にたのしみになってまいります!

「たのしそう」「当事者でしょ!」
写真を見て、「これ、たのしそうだね〜」とニコニコするおふたり。いや、当事者ですから!そして、写真を選ぶ今なおたのしそうです。「彼は捕らえられているのに喜んでるね」と、ゆうみさんがゆうたさんを抱きしめている構図に関係性が映し出されているようだという指摘にも「まさに!」と笑顔です。この先もずっと、おふたりにはこのままでいていただきたい……と願わなくとも、きっとこのままでいらっしゃるでしょう。

「LOVE LOVE SUGIRU」
本当にラブラブ過ぎてこちらまで顔が緩んでしまう、そんな一時間でした。ここでは語りつくせないほど、まだまだほっこりエピソードがたくさんあるのです!このメッセージを書き込むにふさわしい、しあわせな空気に包まれたおふたりでございます。

見送っている私たちに気づいて、最後にまた満面の笑みで手を振ってくださったおふたり。今回は“未来の家族”写真でしたが、次はきっと家族写真かな。ゆうみさんの無事の上京と、またのお越しをお待ちいたしております!(記事:末松早貴 写真:黒羽政士)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます!

“未来の家族”写真も、ぜひ鈴木心写真館でどうぞ!皆さまのご来店、スタッフ一同お待ちいたしております!お申し込みはこちらから!6/17(日)午後に少し空きがございます(※6/11現在)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!\(^o^)/
12
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京