見出し画像

本日の鈴木心写真館/番外編:「#鈴木心写真景」キャンペーンへのご応募、ありがとうございました!

いつも鈴木心写真館のnoteをご覧いただき、誠にありがとうございます。鈴木心写真館スタッフのすえまつです。

先月募集した「#鈴木心写真景」キャンペーンへご応募いただいた皆さま、ありがとうございました!

さて、鈴木による当選者発表……ではなく、私が個人的に気になったお写真をいくつかご紹介してもよろしいでしょうか!?

お手製の“写真のイエ”が素敵です。鈴木心写真館の写真たちが、持ち帰っていただいてからもこんなに大事に飾っていただいているなんて!本当に嬉しくなります。

私もお会いした、笑う門と書いてえもんくんファミリーには、ご夫妻ともに投稿いただきました。強く、たくましく、美しいサボテンとともにスタイリッシュに飾っていただいています。

この枚数は圧巻!今の写真館の前進である福島での出張写真館時代。お子さまがお腹にいらっしゃる頃から、出張写真館にお越しいただいているご家族です。ご家族の歴史と写真館の歴史がともにある、貴重な風景です。

年賀状にまでしてくださったという投稿も。不信感丸出しと書かれているお子さまの表情がかえって味わい深くしていますよね。笑っていなくたって、「撮った日が、記念日」ですもの!

お子さまが成長されても、模様替えをしてもずっと定位置に飾ってくださっているというお言葉に、感激しました。ずっと変わらぬ場所でご家族を見守る鈴木心写真館の写真、いいなあ!

写真はどこの隠れているのかな?という、お部屋への溶け込み具合が最高の一枚。お写真に映ったご本人までもが、ムーミン谷の仲間であるかのように見えてきます。

ご友人の撮られたカラー写真と鈴木心写真館のモノクロ写真が共存する、この風景も素敵です。写真を飾ることで、お子さまが「ババ(パパ)!シリンちゃん!かぁちゃ!」と言うようになったというエピソードに、ほっこり。

鈴木心による写真と、その写真にうつるお母さまが撮ったというお子さまたちの写真が並ぶ風景も。離れて暮らされているご家族も、写真でならいつでも一緒にいられるのですよね。

少年ジャンプと並んでいるというのは、生活に溶け込んでいるという証でしょう。次は、新たなご家族とともに撮っていただいた4人での家族写真がお隣に並んだところも拝見できたら、嬉しく思います。

この写真景は、ストーリー仕立て。お引越し目前に、初めてのご家族写真となった出張写真館での思い出を振り返り、それ以降のご家族写真も重ね、「また恥ずかしげもなくいっぱい写真を飾ろう」と締めくくられていて、目頭が熱くなりました。素敵!

……と、ここまでもたくさんあるのですが、もうちょっとだけお付き合いいただいてもよろしいでしょうか?

5月にいらしていただいた松田先生。この写真の撮影の仕方は鈴木心ワークショップで同じみの、水平垂直正面、距離バリエーション課題!!写真景も素敵だったため、「#鈴木心写真景」タグは付いていませんでしたが、ご紹介したく!

タグがついていないけれど、素敵だったものをもう一組!一枚にぎゅっと詰まったこの写真。なかなか揃わないというご一家の貴重なご家族での記念撮影の大役を勤められる鈴木心写真館、本当に最高の仕事です。

※鍵付きアカウントでの投稿や「#鈴木心写真館」タグだけでの投稿については、今回のご応募には反映されておりません。次回開催時には何卒!


……というように、さまざまな「#鈴木心写真景」が各地にあるのだと思うと、とてもしあわせな気持ちになります。よりたくさんの「#鈴木心写真景」が日本全国、いえいえ、世界中に広がっていたら!!!

さて、鈴木心の選ぶ当選者は!?
それは次回、当選者の方が来館していただいた日の「本日の鈴木心写真館」にて発表!おたのしみに!

(当選者の方へは、写真館より別途近日中にご連絡いたします!)

※本記事は、「#鈴木心写真景」「#鈴木心写真館」のハッシュタグ を付けて投稿いただいていたお写真をお借りしてお送りいたしました。皆さま、いつもありがとうございます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!波動拳!
3
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。