見出し画像

写真道場のひみつ「代官山スタジオ」巻

民宿から高級ホテルまで

3回目を迎える写真道場。その会場となっている代官山スタジオ。撮影スタジオで検索すると山ほど出てきます。宿と言っても民宿から高級ホテルまであるように、撮影スタジオもただ場所を貸すだけのところから、機材スタッフ、さらにはどんな要望にも対応できるところまで様々です。

たのしい時が、まなぶ時

「写真はライブだ」というテーマで開催している写真道場は、観戦することが目的ではありません。写真を仕事や作品などのかしこまったものでなくっておもちゃで遊ぶように写真をつかってほしい。僕らにとってそうであるように、写真は自由につかっていい。そんなお役に立てればと思っています。

学び舎としてのスタジオ

面積は最大ではないものの、立地や設備で言えば一線で使用される代官山スタジオ。僕も含め、賢ちゃん、大ちゃん、神藤くん、みんながお世話になってきました。さらに僕、賢ちゃんは代官山スタジオ卒業のスタジオマンを雇わせていただいて、アシスタントとして支えていただいています。色々なフォトグラファーからの無理難題を解決する撮影スタジオで働くスタッフは業界にとっての貴重な資源であり、学び舎なのです。

最高の学びは、最高の環境から

学校がそうであるように、環境によっても、教育の質は変化します。
1、目標を立てる
2、自分の位置を把握する
3、そしてその道のりを進む

どの行程にも最高の体験しておくことが役に立つでしょう。鈴木心写真館はすべての活動でこの最高の写真体験を提供することを最優先に考えています。よって、写真道場も最高の場所で行うことで、普段僕らが行なっている最高のパフォーマンスを行い、みなさまにそれを観戦していただけるのです。

写真道場のはじまり

写真道場は4月6日にはじまりました。そのわずか一週間前にふと思いついたワークショップ。募集をとってみたところ、予定の10組を遥かにこえる40組の応募が1日でありました。鈴木心写真館の収容人数は多くて15名。これはいかん!ということで中止も考えましたが、まずその前にできることはやってみよう、ということで、まっ先に電話したのが代官山スタジオでした。

写真のご縁

道場に参加した方はご存知かもしれません。代官山スタジオを経営するユーアールに勤務している、田村さん。そのご縁ははるか昔、まだ僕がアシスタントをしていた10年以上前から。当時ブロンカラーの輸入代理店であるアガ商事につとめていた田村さんに、アマナで働いていた僕ら(鈴木、村松、小林)は機材の面倒を見ていただいていました。自分たちの不手際もあり、無理なお願いをたくさん聞いて頂いていました。

そのころからのご縁だからこそ、これからのことも一緒に考えてくださるだろう、そんな甘え、いや、姉のような、甘えられる存在でもあるのです。案の定ご快諾いただき、社内の許可をとってくださいました。第一回目の写真道場は60名以上の方がいらっしゃり大盛況に幕を閉じました。おそるべし、思いつき、そして写真のご縁。

起こる、ライブ、トラブル

迎えた第二回目の写真道場では、おもいつきの道場#1からより、濃い内容へ。アマナ時代の同僚2人の賢ちゃん、大ちゃんをむかえ開催。これが写真の現場だ、と言わんばかりのめちゃくちゃな展開(僕らは慣れっこ)ですが、そこに臨機応変に対応してくださったスタジオ、そしてスタッフのみなさまがいてこその写真道場#2でした。現場でおこるいろんなトラブルが起こりました、でもこれがライブの魅力です。

失敗をたのしむ

そして本日開催の写真道場#3。前回頂いたみなさまのフィードバックを盛んに盛り込み、開催いたします。今回も代官山スタジオです。続けると色々な人や事が繋がっていく。あたりまえのことかもしれません。でもそうやって多くの方々に助けていただく事で前進していきます。

あたらしいことは、時間がかかる

これからの写真のために。写真道場に参加しているスタッフの想いです。どのワークショップよりも、イベントよりも、熱いこの想いは現場でなければ体験できないでしょう。その熱量はあなたの糧に、必ず役立てるはずです。今日もスタッフ一同お待ちしております。当日参加も大歓迎です!

道場#3詳細はこちらより。
*余談ですが、みなさま1人1人の参加料には代官山スタジオさんの計らいによっての優しいスタジオ使用代が含まれています。同時に、みなさまからの参加料はイベントを継続するための投資であると考えています。映像の制作費や人件費ふくめて、参加できないより多くの方々に道場の内容を伝えるための資金として活用させて頂いております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!( ^ω^)ねこ
6
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。