見出し画像

本日の鈴木心写真館:6月10日 #1 「女の子だって……」の巻

6月10日1組目は、2歳のたまきちゃんとご両親です。福島出身である奥さま、Facebookで福島での出張写真館を見つけてくださったそう。

「赤い家の写真館に行きたかったんですが、日程が合わなくて」
そこで諦めずに調べてくださった結果、かつて当写真館からほど近い上町に住んでいらっしゃったご縁なども手伝い、お申し込みくださいました。実は3月にもご予約いただいていたのですが、渋滞により実現ならず、今回はリベンジ!来ていただけてよかったです!

「ろっくんと一緒だね」
2歳というお年頃のせいか、ちょっぴり人見知りされているたまきちゃん。とり急ぎ、いろいろなおもちゃを取り出し、どれが好きかな?と遊んでいただいております。ご自宅にもいるというシロクマくんたちを見て、少しほころんだ……と思いきや、お父さまの後ろに隠れてしまうたまきちゃん。

「うわあ〜っ!」
今回は心を開いてもらえぬまま、撮影に突入してしまうのでしょうか。最後の賭けだと思ってミニカーを手渡してみたところ、これがまさかの大ヒットでたまきちゃんの心を鷲づかみ!それまでずっと恥ずかしそうにしていたたまきちゃんが、声を上げて大興奮です!女の子にも、ミニカーは人気。何度助けられていることでしょうか、ランボルギーニに!

「まるで盗撮」
ご両親と私とともにカーチェイスを繰り広げる間に、ゲームセンターのお兄さんスタイルの鈴木がすかさずパシャパシャ!遊んでいるあいだに、はじける表情の写真がどんどんとおさめられていきます。

「たくさん練習してきたもんね」
そのままの流れで、ご家族集合での撮影もいたしましょう。気づけば、ピースしてくださるまでに!撮影スタートする前に「お写真撮るよ〜って、練習してきたんです」と奥さまが言っていらしたとおり、完璧なポージングです!よかったあ!

「たまき、肌綺麗だね」
ご家族写真を見ながら、「並ぶと肌の違いが怖いくらいだね」とおっしゃったのは旦那さま。刻んできた年月がそのまま写るのが、写真というもの。でも、笑いジワが入っている表情もお素敵です。すっかり心を開いてくださったたまきちゃんも、画面を見ながら指差してたのしそう!

「ウウ〜ッ、ワッ!!!」
終わってみれば、大盛り上がりの撮影!盛り上がりすぎて、皆んな汗だくです!でも、とっておきの写真が出来上がりました!たまきちゃんも、すっかり写真館をたのしんでいただいていますし、こちらも嬉しいです!

写真館の前でも「ウウ〜ッ、ワッ!!!」。記念撮影はクールなたまきちゃんですが、いらしたときよりはほどけた表情です。次にお会いするときは、最初からミニカーで遊びましょうね!またカーチェイスしなくては!(記事:末松早貴 写真:高木亜麗)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます!

お子さまの輝ける一瞬を、鈴木心写真館で!皆さまのご来店、スタッフ一同お待ちいたしております!お申し込みはこちらから!6/23(土)・6/24(日)午後に少し空きがございます(※6/15現在)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!覇王翔吼拳!!!
7
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京