見出し画像

番外編「プロフィール写真を、写真館で撮るということ」の巻

写真館でプロフィール写真?
こんにちは、鈴木心写真館スタッフのゆもとです。
いきなりですが、「写真館」で撮る写真ってどんなイメージですか? 「写真館」というと、かしこまった記念写真や証明写真を撮りにいく場所だと思っていませんか?
鈴木心写真館で増えているのは「プロフィール写真」の撮影です。今日は最近の撮影を振り返りつつ、写真館で撮るプロフィール写真について考えてみたいと思います!

お仕事用の写真を自然光で
建築家としてご活躍の吉田さま。鈴木が撮影したご友人の写真を見てのご来店でした。お仕事でお使いになるプロフィール写真を新しくしたい! とのこと。

ほんのり肌寒い日でしたが、柔らかな雰囲気に合わせて西日指す屋外で撮影させていただきました!

未来感のあるアーティスト写真
18歳、気鋭のトラックメーカー、Fellsiusさま。これ、写真館で撮影しているんです! 

ヒカル小町という照明機材を両手に持ち、Fellsiusさんご自身の制作する音楽を聴きながら撮影させていただきました。

今の自分を残したい
ご病気と療養を経て、「今の自分の姿を残したい」とご来店いただいた川名さま。主な用途はSNSとのこと。

高知の豊かな自然に魅せられて移住を決断したというお話を伺いながら、満開のポピーの前で撮影させていただきました。スタジオでも撮影し、迷いに迷いながらも、川名さま・鈴木・スタッフ全員一致でセレクトした1枚は、素の笑顔がなんとも素敵でした。

ご夫妻で、ふたりの写真も、ひとりの写真も同日に
建築事務所を経営される建築家の旦那さまと、美術系の出版社で編集者をされている奥さま、のご夫妻。おふたりでの写真と、それぞれのプロフィール写真を同日に撮影させていただきました。

おふたりの雰囲気に合わせ、写真館のスタジオでの撮影で上品な仕上がりに。

旦那さまは後日、「建築事務所の同僚のみんなとも撮りたい!」と再訪してくださいました! 

なんとも楽しそうなプロフィール写真...!(真面目なお顔の写真も撮影しております)。1日で、スタッフみなさまでお揃いのプロフィール写真を撮影いたしました!

緑が似合う作家さん
「著者近影」と呼ばれる作家さんのプロフィール写真の撮影です。

柔らかい雰囲気の島本理生さん。緑もよく似合いますが、汎用性が高い背景無地も、とのことで2種類のお写真を。右も実はスチレンボードを使い、屋外の自然光で撮影したものなのです!

用途も表情も、お客さまの数だけある
宣材写真、アーティスト写真、お仕事用、SNS用、と目的も使う場面や、写真が載る媒体も様々。どんなお仕事をされていて、どんなふうに写真を使いたいのか、対話をしながら寄り添って。しかし、ときにはお客さまの予想もしなかったご提案をしながら。それは、鏡で見ているだけでは気がつかない、お客さま自身も知らない一番の表情を写したいからです。

もちろん写真は写真。大切なのはその先ですが、写真にもきっと、新しい出会いを運んでくれる力がある。いざ必要! となったときに、ついつい手軽な撮影や、何かの折に撮られた写真で済ませてしまうことも多いもの。でも、納得の1枚があればきっとお仕事のモチベーションアップのお力にもなれるのではっ、とヒアリングから撮影、セレクト、仕上げまで妥協なく、そして楽しく! 
まだまだ写真館の可能性、広がる気がしています。こんな目的でも大丈夫? 考える前に、ぜひわたしたちに無茶振りを!(記事:湯本愛 写真:鈴木心写真館)

どんな用途のプロフィール写真も、同日複数人のプロフィール写真も、鈴木心写真館へどうぞお任せください!皆さまのご来店、スタッフ一同お待ちいたしております!お申し込みはこちらから!6/16(土)はまだ少し空きがございます(※5/28現在)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!波動拳!
15
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。