見出し画像

本日の鈴木心写真館:8月4日 #1 「ガムを捨て、ウンコを!」の巻

8月4日、松陰神社周辺が「せたがや ふるさと区民まつり」でにぎわう一日の始まりにあらわれたのは、4歳のなないくんとご両親。

「友人のFacebookに写真館のリンクが貼ってあって」

普段は香港にお住まいだというご一家。奥さまにそう伺ったのですが、そのご友人というのが「写真道場」でもお世話になっている小林大輔さんだということが、最後に判明!ありがとうございます!

まずは、なないくんのソロから……なのですが、どうやら照れくさいご様子。最近お気に入りだという刀(ガム入りおもちゃ)を振り回しながらも、旦那さまから離れずにいらっしゃいます。

「ボーイだから!」

ちょっと慣れていらしたのか、笑顔を見せ始めるなないくん。「かっこいい!」と言うと、満更でもない表情に。「かわいいよりかっこいいのほうが嬉しいみたいです。自分で『ボーイだから!』って言うんですよ」とは奥さまの弁。そのなないくんのコメントこそ、ボーイらしくてかっこいいです!

キック!キック!キック!

慣れてきたところで、メインのご家族写真へ。ハイスツールに立って、ご両親をギュー!とリクエストしたところ、まだまだ照れくさいなないくん。ここはかっこよさをアピールしてもらおうと、高く高くキックを!カメラ横でいっしょになってハイキックしていた末松の足がピクピクしてしまったのは、ここだけの内緒のお話です。

「いい感じ〜」

踏台を用意して奥さまに立っていただいたのを見るや、「ママのほうがいつも小さいのに!」と大興奮! と思いきや、パパとママのお写真どう?と聞いてみると、クールなトーンでこのコメントです。子どもなのか、大人なのか。4歳児とは、まるで宇宙のような存在です。

「剣が邪魔だな」「大人がいっしょのやつがいい」

「ポーズがファッションモデルみたい!」と盛り上がってななちゃんおひとりの写真を選んでいると、ななちゃんご本人がポツリ。プロのモデルさんばりにチェックしている!それに、自分が子どもであると自覚しているところが逆に大人ですよね。

「これがいいんだけど、ガムが気になる……」

ご家族写真をセレクト中、奥さまが写真の旦那さまの口もとを指差してひと言。そう、噛んでいらしたガムが写ってしまっていたのです!ここへ来て一触即発か!? ……とはならず、無事に笑顔でプリント写真をお渡しすることに成功いたしました。よかった!次回からガムチェック、気をつけて参りたいと思います!

「うんこうんこ〜!」

プリントをお待ちいただいている間、旦那さまとともに外へ出たなないくん。この言葉を繰り返してご機嫌です。「うんこって言うと、絶対笑うんですよね。あ、これ最初に言えばよかったな」と旦那さま。そうか、なないくんにはうんこが必要だったのか!「うんこドリルが流行るわけですね」と記録写真係の高木女史。うんこ、素晴らしいワードです!

記念写真はもちろん、「はい、うんこ〜!」です。なないくん、ここいちばんの盛り上がりを見せています。最初にわかっていれば〜と悔やまれるばかりですが、きっとまた来てくださいますよね!また遊ぼうね、うんこ〜!(記事:末松早貴 写真:高木亜麗)

※鈴木心の手による実際の写真を、鈴木心写真館のInstagramで展開中。気になる方は、下記からご覧いただけます。

恥ずかしがり屋のお子さまだって、ガムを噛んでいるお父さまだって、いい感じに!平成最後の夏の記念写真を、鈴木心写真館で!お申し込みはこちらから!

10月1日より、誠に勝手ながら基本撮影料を現在の29,800円(税別)から44,800円(税別)に改定させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。

料金変更前の撮影可能スケジュールは、下記のとおりです。
8/18(土)、9/8(土)、15(土)、22(土)、23(日)、24(月・祝)、29(土)、30日 (日)(※8/8現在)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!ボーイミーツガール!
10
「撮った日が記念日!」出張写真館として約100箇所、23625名以上を撮影。神田小川町にコーヒーの日を開店する。http://ps.suzukishin.jp 出張鈴木心写真館 1/25-26東京