マガジンのカバー画像

鈴木心の写真学校

62
写真はライブだ!鈴木心写真館主宰ワークショップのおしらせとレポートです!
運営しているクリエイター

#松陰神社前

3月16日 夜!「撮影した写真をどう調理する?全部見せます!その場で調理!レタッチ鑑賞会!」

写真の撮影をしたあとの画像処理は食材を調理するようなもの。 茹でるも、炒めるもよし甘くするも、しょっぱくするも。自分次第。なんでもできる時代、、、いろいろありすぎて、ちょっと使いづらい、、、、さて、どうやって行き先を決めようか。(本当はフィルムの暗室作業をしたことがあると矛先決めやすいんですが) 仕事から私事までなんでも取り揃えております僕が最近撮影した、あのデータやこのデータを取り揃えて撮影された写真、選び、仕上げる過程をライブで赤裸々にお見せします。ゴールがある場合も

スキ
22

3月16日 昼!「さらば!デカ重い、一眼レフよ、本気で取り組むスマホ撮影ワークショップ!」

3月16日鈴木心写真館の「写真のワークショップの日!」なんと、、、開催一週間前告知、、、、、にしては、濃い2つのワークショップのお知らせです!皆様の予定変更に期待しております!先ずは! 3月16日昼の部 「重い、デカイ!一眼レフを卒業しよう」 本気のスマホ写真撮影ワークショップ!ここからは「視点の大切をお伝えするために」鈴木心撮影のスマホ撮影サンプル、シートベルトの部inタクシーの車内とともにお送りします。 コンピューティショナルフォトグラフィーの時代依然として物体として

スキ
25

鈴木心のスマホ写真道場 「iphoneXS+tokyo grapher tele photo lens」の巻

「スマホ写真元年」平成も終わり、新元号とともに、今年はスマホ写真の元年です。もうスペックが十分すぎる。極力ミラーレスも一眼レフも持ち歩かずスマホで済ませる年。変化は緩やかにやってくる。だから準備も緩やかに行いましょう。 もうここ数年、新しいカメラは購入していません。それよりも、スマホを新しいものにする方がぐぐっと、前進する感じがします。そして今回もTokyo grapherのtele photo lensを使ってみた写真をご紹介します。こいつはすごいです。何が?まぁみてみて

スキ
109

鈴木心を倒せ!写真道場 #8開催のお知らせ

写真はライブだ!10分間一本写真勝負。限られた時間と機材と空間。その中で誰が一番クライアントの要望に応えられるのか、写真で実力を競う写真道場は、写真を撮られることを体験し、写真を撮る風景を観戦する新しい写真のワークショップです。 写真はゲームだ!まるでスポーツを観戦する様に写真を体験する。皆さんがご存知のあの写真を撮っているプロのフォトグラファーの最高の技術を観戦しよう。直ちに自身の写真観が変化することなるでしょう。 写真はスポーツだ!壁にかかった写真も、スマホに流れてく

スキ
13

写真は読み物でいい。 12月1・2日 鈴木心写真店 「写真は、ただ」展 開催のお知らせ

写真は読み物でいい。フイルムがなくなった、写真集棚がなくなった、本屋がなくなった。写真はどこにいったのだろう。スマホの中、そして、ディスプレイの向こう側。 鈴木心写真店「写真は、ただ」 開催日| 12/1(土)13:00 - 18:00 12/2(日)11:00 - 18:00 最終入場|17:30(両日とも) 入場料|¥5,000(額装済み、写真付き) 場所|鈴木心写真館 *展示写真の中から写真1点の額装付きプリントをお持ち帰りいただけます。 *数&サイズに限りがあ

スキ
20

写真道場#6 幡野広志X鈴木心「写真は読みものです」開催のお知らせ

写真道場でお馴染み、幡野広志と鈴木心が知床を旅する記事が雑誌ブルータス「解放される旅、音楽」特集。この発売を勝手に記念して写真道場#5を開催します。まずは開催詳細から!(文中の写真はその際の両名が撮影した写真の一部です。) あ、その前に前回のレポートはこちらです! 18年10月7日  16:30時開場 17:00開演 20:00時終演予定 休憩あり 途中入退場自由 場所: amana square session hall 東京都品川区東品川2-2-43 http:

スキ
23

フイルム写真よ、さようなら。#3 鈴木心の最初で最後の写真集『写真』について

僕の一生ではこんな出版計画があります。 1、作品集:一冊で鈴木心の写真について理解できる本 2、伝心:一冊で写真に必要なコミュニケーションが理解できる本 3、技術:一冊で写真に必要な技術が理解できる本。 4、生き方:一冊で写真家としての生き方が理解できる本 しかしこのうち3つが先日発売した『撮影ノート』で、完結しました。『撮影ノート』は2006年から始めた写真の仕事の技術に関してを網羅する本ですが、08年、写真大学時代の03年から撮影したカラー写真をまとめた本を出版していま

スキ
12

写真はライブだ!「写真道場」のひみつ。

6月29日に控える写真道場#3にむけて、鈴木の胸中ぶっちゃけてみます!好きなミュージシャン、好きなスポーツ選手、あれ?みんな写真を撮るのに、好きなフォトグラファーはいない。そんな悲しい現実をぼーっと眺めてきたこの18年間。なんでだろうなぁ。と。 「つい先日セガに履歴書を送りました。」 ゲーム育ちの僕はゲーム業界に憧れていました。写真業をやめるんならっと思って中学生の時からの夢だったセガについ先日中途採用ページから履歴書と作品集とともに、応募しました。が、二週間以上返事をまっ

スキ
8

フイルム写真よ、さようなら。#2「写真はスポーツだ!」の巻

カメラ、レンズ、沢山の選択肢からの必然性を知るためには、あえて違和感に飛び込むことが有効です。みんながやっているから?うーん、それはないかなぁ。ということで、今挑戦している「みんな」とは「真逆の選択」をご紹介してみたいと思います。これは写真の筋トレのようなものです。 早速ルールを策定です。 1、広角単焦点|癖のある機材を選ぶ 慣れてくると選びがちな標準レンズ50mm。視覚に近い範囲が写り、パースも出にくいので画面の作りやすさは抜群です。さらにマクロも守備範囲になれば、一本で

スキ
132

5月27日緊急開催!写真小道場:物撮りが大っ嫌いな鈴木心の恐怖の物撮影実演ワークショップ

「また、閃いてしまいました!」 道場が終わったばかりなのに、すいません。 人物ならそこそこ自信がある鈴木がブランディングを行なっている仁井田本家の日本酒の商品切り抜き撮影を実演とともに、ライティングのワークショップを行いたいと思います。 さらに!今回は「鈴木心の撮影ノート」にも登場する、レタッチャーの新井レン氏をゲストに、撮影〜レタッチの連携をお見せいたします。物撮影がつたなくたって、レタッチで挽回できる、なさけないフォトグラファーの姿を是非ご覧いただければと思います!

スキ
3

「鈴木心の撮影ノート」出版記念:「鈴木心を偲ぶ会」開催のお知らせ!

5月19日は鈴木心の新刊「撮影ノート」が、写真道場にて先行発売いたします!そのあと19時より出版記念イベントを恵比寿エンジョイハウスにて行います! なんどもでも言うよ「写真はライブだ!」を体現するイベントです! 鈴木心の撮影ノートに関しての説明は別の投稿に譲るとして、、、、。そもそも、、、 「鈴木心を偲ぶ会」とは? 季節折々に行われる福島、東京、金沢の全国の鈴木心ワークショップの卒業生が集う同窓会のようなもの。今回はさらに一般の方もお招きして開催したいと思います。参加費

スキ
9

5月6日 ワークショップ補講 「アイランプで知る影の作り方。」

4月6日に開催された、神藤剛X鈴木心による公開撮影ワークショップ、写真道場#1では、アイランプを用いたライティングの基礎に触れました。今回はその場で説明しきれなかったそれぞれの行程のおさらいをする補講を開催いたします。 「ライティングは影をつくる作業。」 照らすことは同時に影をつくること。だからこそ影を見ながら組むライティングが最短ルートです。ライティングを学ぶ入り口でフラッシュ光源を使うことはお勧めしません。なぜなら光量が可変なため、照明と被写体との距離感の関係性を理

スキ
6

鈴木心写真館ワークショップ「神藤剛が鈴木心に聞きたいライティングのこと」#1レポート!

街で目にかける広告写真の撮影がちぐはぐでヤキモキしていました。え?うちの卒業生が撮影してる?そんなら解決方法を教えるよ!と始まった鈴木心と神藤剛のプライベートスクール、のはずが、それってイベントにしたら面白いじゃん、と抵抗する神藤を他所に、ぶち上げました、鈴木心写真館ワークショップ「神藤剛が鈴木心に聞きたいライティングのこと」。 当初は募集八名の小さな機会にするつもりが一晩開けると応募が50名。これは大変だ!ということで急遽撮影スタジオに連絡をして、代官山スタジオさんが快諾

スキ
7

鈴木心写真のワークショップのお知らせ

写真を撮るのは好きなんだけど、照明のことはよーくわからない。アマチュアだけではなく、プロでもこんな方は少なくないと思います。(最近他のフォトグラファーのスタジオワークを拝見する機会があっての印象です。)せっかくですので、この機会に、一丁やってみようかと思います。 鈴木心写真のワークショップ 「神藤剛が鈴木心に聞きたいライティングのこと」#1鈴木心写真館ワークショップ<詳細変更後ver> 「神藤剛が鈴木心に聞きたいライティングのこと」#1 4月6日  19:30 開場 20:

スキ
10