マガジンのカバー画像

鈴木心の写真学校 現場体験レポート

55
鈴木心の写真学校(ワークショップやオンラインサロン)や鈴木心写真館を体験した方々のレポートをピックアップしてご紹介。
運営しているクリエイター

記事一覧

写真を始めて21年。フォトグラファーが終わる日に備えるために。

山田です。ごあいさつもそこそこに、ちょっとインスタグラムで「 #鈴木心写真館への道」と検索してみていただけますか? 家族、友人、一人のプロフィール写真・・たのしそうに笑う写真がずらり。実はこれ、すべて鈴木心写真館で撮ったものではありません。そしてほとんどが、写真を仕事にしていない方が撮っています。 写真で稼ごう!「鈴木心写真館への道」ハッシュタグ名と同じワークショップが進行中なんです! 今回はこのワークショップの全貌について、鈴木心の写真学校のオンラインサロンメンバー、鈴

スキ
4

写真がもっとうまくなる。成長への自信をくれたワークショップ

山田です。鈴木心のワークショップには、ありがたいことにお申込み前にお問い合わせをよくいただくようになりました。しかしながら、「興味は大いにあるけれど、日々の業務に追われて時間がないため検討する・・」という声もよく聞かれます。 いやいや! お仕事にしている方にこそ、自信をもってお仕事するためにぜひ参加していただきたい。教わる機会が減れば、誰だって伸び悩むのです。社会人になってからも通いたい場所を目指して、鈴木心の写真学校は運営しています。 オンラインサロンメンバーでありご自

スキ
6

「写真がうまくなる」の向こう側にあるもの

山田です。記事を読んだり動画を見たりと簡単に自習できるべんり〜な世の中ですが、理解したと思っても実際やってみたり人に伝えてみると、案外うまくいかないことってありますよね。 今回の #現場体験レポート は、教える立場の視点をもちながら「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ(以下、写うま)」に参加してくださった武藤さんです。個人的にはベストレポートの一つ。 写真だけじゃないことを学ぶワークショップ。守〜まずは教えを守る〜破〜発展する〜離〜作家性+自分の個性でオリジナル

スキ
20

撮るだけじゃもったいない。写真という名のコミュニケーション最強ツール

山田です。鈴木心の写真学校のオンラインサロンは、鈴木心のYouTubeをきっかけに始まり、ありがたいことに続々とメンバーが増加中! この8月に参加してくださった寺田さんは、なんと大阪から東京のプロフィール撮影イベントに来てくださり、即日入会。割とオフラインな現場で意気投合することも多いんですよね。寺田さんは立て続けに大阪のイベントにも参加し、レポートしてくださいました。 大阪でひろがる、写真の輪!Photo Studio N+の代表・西尾菜美さんとは、オンラインサロンでのご

スキ
18

あなたらしい、自然な表情の撮り方について

山田です。私たちのもうひとつの “学校” は、何を隠そう鈴木心写真館。撮られる体験が大きな学びになる、最高の瞬間を永遠にする写真のアトラクションです。だからまずは撮られてみることをおすすめしています(もちろん別の写真館やフォトグラファーにも!)。 8月に開催した鈴木心写真館の撮影イベントに、写真学校のオンラインサロンメンバーの人見さんが来てくださいました。 全国ツアー中の出張! 鈴木心写真館 in 大阪撮られてわかった、シャッターを押すタイミング振り返っても「良い写真体験

スキ
18

人の魅力とストーリーを広げる、ポートレート組写真のつくり方

運営の山田です。ポートレートワークショップ7期のレポート第3弾。鈴木心のワークショップ常連にして、なんと写真館活動まで始めてしまった小川祐さんが鈴木心オンラインサロンSKOOLでレポートを書いてくださいました。 さっそくやってみたい! と思えるわかりやすさ距離と組写真でストーリーを広げようどんどん撮って、どんどん見せよう喜んでもらえるという、ポートレート写真の醍醐味【8/15開催】ポートレートワークショップ 7期Bクラスこんな方におすすめ! ご家族・ご友人などを自然体で撮

スキ
20

たった2週間でうまくなっちゃう、ポートレートスナップ撮影

運営の山田です。アツアツ!ポートレートワークショップ7期のレポート第2弾。参加者のひとり、大分在住のバリスタ山﨑さんが、鈴木心オンラインサロンSKOOLでレポート書いてくださいました。 ドント ・ ストップ ・ フォトグラフィー!毎回番組の最後に、各地のおすすめを紹介するスライドショーは、鈴木が撮影を担当していました。 こちらは福島テレビの番組「FTV @ホーム」のために鈴木が撮影した写真。言葉を交えながらスライドショーがすすみ、福島で暮らす人々の日常のストーリーを映しだ

スキ
12

写真でしか見られない視点に、その人の新しい魅力が見える。

鈴木心の写真学校、運営の山田です。最近当校では、ポートレート系ワークショップがアツい。7月に開催されたポートレートワークショップ7期(Aクラス)に参加された佐々木さんが、鈴木心オンラインサロンSKOOLでレポート書いてくださいました。 ワークショップの成果を誰かのために使いたい1モーション、4パターンの組写真で伝える!鈴木心が福島テレビの番組のために撮影した写真。こちらの撮影方法を参考にレクチャーが行われました。 写真でしか見られない視点こそ新しい魅力の発見ワークショップ

スキ
9

写真がうまくなっちゃうルーティンワーク

鈴木心の写真学校、鈴木心オンラインサロンの運営担当、山田です! 私たちが写真の上達のために大切にしていること。 それは 「読む→撮る→見せる」のサイクル。多くの人の心を動かす良質な写真作品を見て、その技や表現を真似しながら自分の環境で撮ってみる。 撮った写真は誰かに見せて、撮影意図と反応に差異を知る。鈴木心のワークショップやオンラインサロンSKOOLのコンテンツは、このサイクルをベースに組み立てています。 なかでも「読む」場になっているのが、SKOOLで毎週日曜に投稿され

スキ
13

いつか親子で語り合える写真をのこそう。

鈴木心オンラインサロンSKOOLでは、ワークショップやイベントに参加してくださった方の #現場体験レポート を随時更新中。 #鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ (以下、写うま)、オンラインクラスの村上里佳さんのレポートが届きました! 授業のダイジェスト動画(再生リストあり)前回の渡辺さんの記事はこちら。 母だからこそ気づく生命のきらめき〈第2回課題 前半〉 正面・水平・垂直・距離は固定し、絞りを変えた2枚の組写真でストーリーをつくりましょう。 〈第2回課題

スキ
11

写真を通した出会いと学びが、あなたを変える。

鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ (以下、写うま)より、引き続きオフラインクラスに参加してくださったみなさんの #現場体験レポート です。前回からのダンディーリレーは、齋賀正仙さんにバトンが渡りました。 授業のダイジェストはYouTubeで!(再生リストあり)アニメ・ゲームに関わる製作やマーケティングなどをされている齋賀さん。普段からクリエイティブなお仕事柄からか、特別な世界観をギュッと凝縮したような写真に興味を持たれているようでした。 ハードル高めの、セッテ

スキ
12

写真に「自分らしさ」を宿す、ちょっとしたコツについて

ワークショップや書籍を展開する鈴木心の写真学校は、鈴木心オンラインサロンSKOOLと連動しています。写うまこと「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」のメンバーも、ワークショップで顔を合わせる日以外はオンラインサロンでお互いの活動や感想を共有することができるのです。 これまでも何度かご紹介してきた #現場体験レポート は、サロンメンバー同士が毎週リレー形式で次の投稿者を指名していく連載。自ずと輪もできてくる。写うまオフラインクラスから、まったく違う仕事をされている3

スキ
17

知らないことを知り、自分を豊かにする道具、それが写真だから

私たちの写真館や写真学校で大切にしていることの一つに「共育」があります。撮影やワークショップはお客さまから学ぶことも多く、いつも自分たちの価値観を更新させていただいています。 鈴木心の写真学校、鈴木心オンラインサロン「SKOOL」には、なんとアメリカから参加してくださっている方も。「鈴木心の写真がうまくなっちゃうワークショップ」をレポートしていただくと、日本とは異なる視点から見える気付きがたくさんありました。 知らない世界を知る、それがオンラインの醍醐味。写うまのオンライ

スキ
20

追悼、巨匠パトリック・デマルシェリエ。ありがとう。氏に学んだ撮影ライティングの基礎

鈴木心の写真学校で定期開催となっているポートレートワークショップ。自然な表情を引き出す鈴木心写真館の人物撮影から、語り継がれる名作写真まで。各回テーマに沿った写真を読み解き、実習課題で真似しながら、さまざまなシチュエーションにおける実用的な人物撮影技術を身につけます。 3月に行われた5期のテーマは「ファッションフォトの巨匠 パトリック・デマルシェリエにライティングの基礎を学ぶ」。鈴木心のワークショップに初めて参加してくださった、小林さんの現場体験レポートです。 医療現場で

スキ
15