鈴木心の写真ノート

34
フイルム写真よ、さようなら 「あいみょんを、あいふぉんで、撮ること」

フイルム写真よ、さようなら 「あいみょんを、あいふぉんで、撮ること」

目ん玉がごろっと手のひらにのった感じ。 スマホカメラはどの写真機よりも生ナマしい。風景に溶け込み、そこにカメラも写真もなかったことにしてしまう。データは電波に乗って、どこかへ飛んでいっちゃっうし。 写真と思想が前進していく。 写真機は風景の異物だった。流れる時間をせき止める不自然なもの。カメラを構える人間は、見るだけ、では飽き足らず、それを持ち物にしたい、という欲張りな異物。 写真を撮られる事もまた異様だ。自然は循環するものだから。循環しないで、遺しておこう。いつも写

スキ
76
有村さんと、写真と、8年の。

有村さんと、写真と、8年の。

写真の仕事は見つめること、伝えること 写真の仕事を始めて12年。その間、変化する風景をじっと見つめてきました。良い写真は伝わる写真。 先日発売の週刊文春。巻頭連載の原色美女図鑑の撮影は、自分と写真にとって一つの節目になりました。今日はこの写真をめぐるお話をできればと思います。 2011年 雑誌、若手の女優さんとデートする設定の連載。「趣味が読書」だからと半ば強引に段取られた開店前の池袋リブロ。朝早かった。冬のまっすぐな光に溶け込んでしまいそうな繊細さ。撮影中会話はなく

スキ
54