マガジンのカバー画像

本日の鈴木心写真館

211
鈴木心写真館スタッフによる撮影日誌。
運営しているクリエイター

#家族

写真館はアトラクション!「撮った日が記念日」は、みんなで作る写真体験

気温も温かかくなり、いよいよ卒業・入学の時期に突入いたしました。3月も末にかかると松陰神社は桜が咲き、きれいな景色が広がります。本日は、入学のお祝いで当館にいらしてくださった1年とちょっと振りのお客様をご紹介いたします! あれ、”さっき振り”じゃない!?前回のご来館から月日が経っているとも感じさせないくらいに、いらっしゃってからすぐにおもちゃに駆け寄るお子さまたち。 前回は妹ちゃんの七五三でのご来館でしたが、相もも変わらず元気なおふたりにスタッフも笑みが溢れます。 主役

スキ
5

せっかくのウェディングフォトだから、キムチもキモチも伝え合ちゃおう。

細やかな気遣いをされる奥様と、常に思いやるご主人。ご結婚の記念の撮影にと鈴木心写真館ふくしまへお越し頂きました。写真館での撮影体験はまるで結婚式の様。那知上がレポートさせて頂きます! お二人の思い出の場所は猪苗代。 猪苗代はお二人がお仕事で出会った思い出の場所。写真館を探されキメ顔ができるタイプでも無いし…と「ここだ!」と自然な表情の写真をご覧いただき、善は急げと奥様よりご連絡を頂きました。 母から娘へ。継いだドレス お母様がご結婚の際にお召しになられたドレスは、叔母

スキ
9

入園式のついでに!ドライブスルー感覚で、一生の思い出を。

初めてお会いした1年前の出張写真館。まだまだ小さな女の子だったけれど、あっという間に大きくなられて、今では何にでも興味があって、何にでも面白さを感じる天真爛漫っ娘。昨年は七五三でも撮影にいらしてくださり、本日は入園式が終わったその足で、写真館にお越しくださいました。今回は、とうきょうスタッフ松川がお送りします。 こんにちはっ! お出迎えに立っているスタッフに、そう元気に挨拶をしてハイタッチ!その瞬間にスタッフの心を鷲掴みにしたお子さま。もうこれはお子さまのペースに!?スタジ

スキ
8

「真新しい制服で」本日の鈴木心写真館

こんばんは、鈴木心写真館とうきょうの松川です。すっかりご無沙汰しちゃっている「本日の鈴木心写真館」。再開初回となる本日は、とても仲のいい5人家族のご紹介です。 初めて制服に袖を通した時、それだけで嬉しくなりますよね。パリッとした生地に、ピシッとひかれたアイロン線。でも制服についてるスカーフってどうやったら綺麗に結べるの?入学して1ヶ月、2ヶ月と月日が経てば、あっというまに結べるようになるけれど、難しいのは今だけ。そんな初々しい、貴重なタイミングでいらしてくださったご家族の、

スキ
26

「みんな、記憶と記録と。」本日の鈴木心写真館

3か月、6か月、12か月――。大人にとってはあっという間に過ぎ去るものですが、初めての一年を終えたばかりの小さな彼女にとってはどうでしょう。早くも、三度めの対面。会うたびに成長していく彼女のこの一年間は、大人よりずっとずっと濃密だったに違いないのです。 どんなに濃密であったとしても。人生の最初の数年間、本人の記憶にはきっとほとんど残りません。だから、写真に任せてしまいましょう。彼女がどれほど小さくかわいらしく、そしてどれほど愛に包まれていたかをぎゅうっとね。 きっかけとし

スキ
10

本日の鈴木心写真館: 「30年分の幸せのお裾分け、ありがとうございます!」の巻

今回のお客さまは、真珠婚を迎えたご夫妻とおふたりのお子さまたちです。奥さまが19歳の頃にご結婚されてから30周年、という記念にいらしてくださいました。 結婚30周年プレゼントは「ここで全員で写真を撮ること」ご夫妻は、銀座のソニーでの出張写真館の際、飛び入りでご参加くださったお客さま。その写真をたいそう気に入ってくださっていて、おふたりともスマートフォンの待受画像に設定されているよと見せてくださいました。「結婚30周年のプレゼント、何が欲しい?」というお子さまたちからの言葉に

スキ
22

本日の鈴木心写真館: 「偶然が産んだ必然のヤー!?」の巻

はじめてのお誕生日!数日前に1歳を迎えられたばかりのかんくん。ご両親とともに、そのお誕生日のお祝いの撮影でいらしていただきました。赤ちゃんと呼ぶには成長されていて、少年と呼ぶにはまだ幼い。それがきっと、1歳というお年頃なのです。 作戦会議の場所となっているあのお店とのご縁で私たちがよくミーティングがてらランチをしている超ご近所のGoda Cafe(ゴーダカフェ)のFacebookがきっかけで、この写真館を知ってくださったのだそう。店主・小田さんご一家は一度撮影にいらして

スキ
6

本日の鈴木心写真館: 「七五三は、パンクにね!?」の巻

本日も、華やかなお客さまがご来店! 飴玉を頬張るふきちゃんとご両親が、七五三帰りにいらしてくださいました。 パパとしての活動は「年2回」鈴木の知人であり、スタイリストをされている旦那さま。お仕事の都合で家族水入らずという機会は少ないそうなのですが、「年に2回くらいしかないんですが、この日だけは絶対に仕事は入れられない!とスケジュールを前々から空けていました」と気合いが入っています。「いつもいないからね〜」と、奥さまとふきちゃん。 小学一年生は、林檎のシャンパンがお好き

スキ
11

本日の鈴木心写真館: 「手長パパとアンニュイガール、そしてママの安定感」の巻

都内での出張写真館にはほぼ皆勤というベテランご一家(だから、皆さまばっちりと濃紺のお洋服で決められている!)が、満を辞して松陰神社前へと降臨! かれんちゃんの七五三の記念と年賀状用ということで、ロケにスタジオに、スペシャルバージョンでお届けいたします。 とりあえず、公園へゴー! すでに楽しそうなかれんちゃんです。 ジャングルジムで「鬼」……じゃないのですよ、来年の干支のつもりです。イノシシ! ジャングルジムのてっぺんで両手を離すのは不安だと、聞かずともかれんちゃんの顔

スキ
8

本日の鈴木心写真館: 「いないいない、ばあ〜」の巻

「お誕生日記念と年賀状用に」本日のお客さまは、ツインテールがキュートなみくちゃんとご両親です。みくちゃんのお誕生日が近いことと年賀状用の写真を兼ね、今回の撮影へいらしてくださいました。 「生後2か月からカットしているんです」まもなく2歳を迎えるというみくちゃんですが、年齢より大きく見えます。なぜだろうと思ったら、とても髪が長いのです。バージンヘアですかと伺ってみたら、実は生まれて2か月からすでにカットしているそう。多くのお子さまがいらっしゃる当写真館ですが、さまざまなお

スキ
9

本日の鈴木心写真館: 「レッツ阿波おどり!」の巻

「ルパンレンジャーがいる!!!」元気いっぱいの声を上げて、写真館へと入っていらしたのは、4歳のしゅうごくんです。続いて、くるくる大きなお目が愛らしい弟のたくみくん1歳とご両親も。 「私服七五三割、ぜひ利用したいです!」noteの記事を見て、ご連絡くださった奥さま。この撮影のために初めて松陰神社へいらしてくださったそうで、メールでお申し込みいただいたタイミングから「今からワクワクします」と言っていただいていたとおり、笑顔いっぱいでいらしてくださいました。まずは、元気いっぱ

スキ
5

本日の鈴木心写真館: 「100日過ぎちゃった記念日」の巻

笑顔が優しいご両親とともにこの日やってきたのは、この週末で4か月を迎える木都(こと)ちゃんです。 「100日記念だから、本当は先週だったんです〜!」と残念そうにおっしゃる奥さま。実は先週いらっしゃる予定が、熱を出されてダウンされていたのです。生後まもないお子さまの子育て中には、よくあること。過ぎたからといって、ことちゃんの可愛さは変わりません。いや、日増しに可愛くなっているはず! 準備は「OK」!?ことちゃんおひとりのおねんねカットからスタートなのですが、なんとゴロンと寝

スキ
8

本日の鈴木心写真館: 「カエル先生!」の巻

本日の主役は、7歳のさなちゃんと3歳のけいごくんです。ご家族揃って七五三のためのお衣装に身を包み、写真館へ! 「前を通るたびに素敵だなと思っていました」ご近所にお住いのご一家。お子さまたちは、いつも写真館と目と鼻の先にある若林公園で遊んでいらっしゃるのだそう。七五三の機会に来ていただけて、大変光栄です! お父さん、アンパンマンに乗る!の巻さあさあ、まずはお子さまたちのツーショットから! ちょっぴり緊張気味のけいごくんにリラックスしていただくため、あの手のこの手でアプロ

スキ
19

本日の鈴木心写真館: 「飛び出す家族写真」の巻

本日いらっしゃったのは、元気いっぱいの双子のさやちゃん&みよちゃんとご両親。昨年、この写真館本店ができてすぐにいらしていただいたリピーターのお客さまです。 「昨年も撮影したのですが、今年もそろそろ……」と始まるメッセージとともにご連絡くださり、今回の撮影とあいなりました。上記は、昨年のお写真。当時まだ3歳だったおふたり、随分と大きくなられていますね。こうやって再びいらしてくださるお客さまは、なんだか親戚のような気持ちになり、大変嬉しいものがあります。ありがとうございます

スキ
5