本日の鈴木心写真館

207
入園式のついでに!ドライブスルー感覚で、一生の思い出を。

入園式のついでに!ドライブスルー感覚で、一生の思い出を。

初めてお会いした1年前の出張写真館。まだまだ小さな女の子だったけれど、あっという間に大きくなられて、今では何にでも興味があって、何にでも面白さを感じる天真爛漫っ娘。昨年は七五三でも撮影にいらしてくださり、本日は入園式が終わったその足で、写真館にお越しくださいました。今回は、とうきょうスタッフ松川がお送りします。 こんにちはっ! お出迎えに立っているスタッフに、そう元気に挨拶をしてハイタッチ!その瞬間にスタッフの心を鷲掴みにしたお子さま。もうこれはお子さまのペースに!?スタジ

スキ
8
これからの写真館の話をしよう。

これからの写真館の話をしよう。

実は10月からはスタッフ新体制! 新しいスタッフ詳細とキャスティングの狙いはまたの機会に語る、、、として、非常にパワフルな仲間を迎えて七五三シーズンに突入しようとしている、鈴木心写真館の今年の週末は正直申し上げて、、、、争奪戦です!大変感謝、、、、。 そんな中、あらためて、鈴木心写真館って? 僕たちは、たのしい写真は、よい写真になると考えています。 よい写真というのは、各々の生い立ちや「価値観」で異なりますが、楽しいという「経験」は人間という感情を持つ生き物にとって最

スキ
38
本日の鈴木心写真館: 「脱いで来ちゃっても大丈夫!?」の巻

本日の鈴木心写真館: 「脱いで来ちゃっても大丈夫!?」の巻

2歳のかのんちゃんの七五三にあわせてご両家の皆さまが集まり、総勢7名となった今回のお客さま。 「台風の日のリベンジに」 実は9月末の撮影を予定されていらしたのですが、台風直撃のニュースにより予定を変更され、この日の撮影とあいなりました。「今日で良かったわ、9月だったらお着物を着せる練習をせずに本番だったかもしれないもの」とは、母方のおばあさまの弁。長く受け継がれているこの黄色のお着物、かのんちゃんによく似合います。 脱いで来ちゃった! そのお着物を着て登場……かと思い

スキ
9
本日の鈴木心写真館: 「カエル先生!」の巻

本日の鈴木心写真館: 「カエル先生!」の巻

本日の主役は、7歳のさなちゃんと3歳のけいごくんです。ご家族揃って七五三のためのお衣装に身を包み、写真館へ! 「前を通るたびに素敵だなと思っていました」 ご近所にお住いのご一家。お子さまたちは、いつも写真館と目と鼻の先にある若林公園で遊んでいらっしゃるのだそう。七五三の機会に来ていただけて、大変光栄です! お父さん、アンパンマンに乗る!の巻 さあさあ、まずはお子さまたちのツーショットから! ちょっぴり緊張気味のけいごくんにリラックスしていただくため、あの手のこの手

スキ
19
本日の鈴木心写真館:「はい、チーズ! は言わないで」の巻

本日の鈴木心写真館:「はい、チーズ! は言わないで」の巻

この日選ばれた集合写真。カメラへ、全員の意識が向かう、ほんの少し前のこと。お子さまはしっかりカメラのほうを向いているのに、大人たちは思い思いに子どもたちに話しかけたり、笑いかけたりしています。 「はい、チーズ!」と声をかければ誰もが静止して、残ることに対して備えるけれども、実際にはシャッターが押されようと、押されまいと、時間は止まることなくずっと流れていて、人間の表情や、気持ち、というのも絶え間なく変化しているものです。 特に、この写真館のカメラは、シャッター音がしな

スキ
8
本日の鈴木心写真館: 「うどんも、仮面ライダーも、おじいちゃんも好き!」の巻

本日の鈴木心写真館: 「うどんも、仮面ライダーも、おじいちゃんも好き!」の巻

4歳のしょうごくん率いる、3世代6名さまが本日のお客さまです。七五三のお参りにあわせて、両家のおじいさまとおばあさまも揃っていらしてくださいました。こんなに笑顔の可愛いしょうごくんなのですが、実はね……。 「いてくれて良かった」 とは、仮面ライダーに対するご両親のコメント。「着く前に着物を脱いでしまうかもしれません」と直前にお電話いただいていたのですが、それを全く感じさせないのは、写真館へ到着された瞬間に仮面ライダーを見つけ、夢中になられているからなのです。この調子で

スキ
7