本日の鈴木心写真館

207
本日の鈴木心写真館「人見知りからはじめよう」の巻

本日の鈴木心写真館「人見知りからはじめよう」の巻

最初はみんな、人見知り人見知りだった母親の性格をしっかり受け継いでいます。と、いらっしゃってすぐに教えてくださったお父さま。そうです、人見知り真っ盛り。お父さまに隠れてみたり、次はお母さまに抱きついてみたり・・・。なかなかお顔を見せてくれません。でも何だか気になる・・・、でも恥ずかしい。その繰り返しです。 応援団参上!!今回の応援団長は???しっかりカメラの上に立って応援してくれてます。そして、団長補佐としてこの方。着たくない服は着ない!やりたくないことはやらない!カメラも

スキ
38
本日の鈴木心写真館「大運動会in鈴木心写真館」の巻

本日の鈴木心写真館「大運動会in鈴木心写真館」の巻

それは3月のことでした。まさかこんなことになるとは。今振り返ってようやく冷静にこう言うことができます。言葉で言うよりも、まずは、記録写真から行ってみましょう!! What a colorful world !日本語でも言います。なんてカラフルな世界なのでしょう!あ、訂正します!なんてカラフルな運動会なのでしょうか!みなさまが集合なされて、始まる大着替え。でもそれがとても早い。とても久々に集まった、というスピードじゃない。それもそのはず、月に一度はみんなで集まるのだそう。なん

スキ
9
本日の鈴木心写真館「某社、再訪!」の巻

本日の鈴木心写真館「某社、再訪!」の巻

昔々あるところに初めての社内プロフィール撮影にお呼び、いただいた某社へ2に年ぶりにお呼びいただきました。当時の受注は役員の方々のポートレイト撮影でしたが、写真館より、どうせなら、社内写真館を開きませんか?と希望者を募ったところ全員参加で撮影会を開催することになった某社なのでした。 いざ、診断開始!2年の時を経て、社内への周知はすでに済んでおり、まるで健康診断かの様に社内に陣取る出張写真館へスケジュール通りみなさまがいらっしゃいます。会議室になり響く、賑やかな(鈴木が撮影

スキ
11
本日の鈴木心写真館「いつかは、きっと」の巻

本日の鈴木心写真館「いつかは、きっと」の巻

目は口ほどにものを言う?まるで全てを見透かしている様な眼差し。「おもったより居心地、悪くないですね、このお店」「お話はいいから、早く撮りませんか?」「ちょっと緊張してるんですよね」そんな心の声が聞こえなくもない、豆柴のアマちゃんは、とっても落ち着いたご様子。 慣れないカメラ目線撮影が始まると、慣れない高さや抱っこにブルブルと体が震えつつも「カメラ目線ですよね?」と律儀な表情。カメラマンもついつい同調してしまい「ワン」と甲高い声で話しかけると、耳をたてて「はいはい」とレン

スキ
9
本日の鈴木心写真館「緊張は楽しさのレシピ?」

本日の鈴木心写真館「緊張は楽しさのレシピ?」

緊張!大歓迎!写真を撮る楽しさに対して、撮られることの緊張感と言ったら!と写真館だからこそ、声を大きくして言いたい、ところは山々なのですが、それを承知の上でご連絡をくださり、ご来店くださる、全てのお客様のその緊張感を超えた、写真の楽しさを体験していただく方法を常々試行錯誤しております。 楽しさのレシピ大人だから、子供だから、動物だから、と、分け隔てなく、生きるものすべてに宿る、楽しい、という気持ち。楽しい写真は、良い写真になる。これは鈴木心写真館創業のときから心がけてき

スキ
8
本日の出張!鈴木心写真館 in ブルーボトルコーヒー三軒茶屋カフェの巻

本日の出張!鈴木心写真館 in ブルーボトルコーヒー三軒茶屋カフェの巻

アメリカ生まれ、三軒茶屋育ち日本のコーヒー界でもすっかりおなじみとなったこのマーク! アメリカから上陸したブルーボトルコーヒーの三軒茶屋カフェにて、4月28日、出張鈴木心写真館を開催いたしました! 三軒茶屋の店舗となった建物は、もともと築50年の診療所だったんだとか。そう言われると、確かに外観がレトロ。「この街、土地と、長く結びついてきた場所。地元のひとたちにたくさん参加してほしい」という主催者の思いもありました。 76組、89カット、207名様と4匹!ゴールデンウィ

スキ
13