本日の鈴木心写真館

207
本日の鈴木心写真館:7月21日 #1 「あかん!!!」の巻

本日の鈴木心写真館:7月21日 #1 「あかん!!!」の巻

7月21日のお客さまは、2歳のひろくんとご両親。暑い日にもかかわらず、爽やかなご一家です。濃い色のお洋服で揃えられ、統一感もばっちり! 「ほぼ初めての家族での記念写真です」写真館のInstagramを見て、この写真館のテイストを気に入ってお申し込みくださったそう。今回はお宮参り以来ということで、ひろくんにとってはほぼ初めての記念写真です。奥さまにぴったりとくっついて離れず、人見知りするお年頃ですが、良い写真館体験を経験していただきたい! 「もったいないから、撮っちゃおう!

スキ
12
本日の鈴木心写真館 7月8日 #3「写真館で、旅支度を」の巻

本日の鈴木心写真館 7月8日 #3「写真館で、旅支度を」の巻

お見送りのエール7月8日、最後のお客さまは20代の8名様! 学生時代から、それぞれ社会人になられた今も仲良しのみなさま、ですがおひとりが転勤で東京を離れてしまうそう…旅立ちの前に、思い出の記念写真を撮影したい、とご来店いただきました。この人数も、理由も、新しい! ちょっぴり切ないですが、最後の最後まで、とびきりの思い出、作って帰っていただきましょう〜 本日の主役、旅立ち前のなりこさんを中心に、ぎゅっと並んで。「まだ全員写らないよ〜もっと詰めて〜!」 みなさまで、合わせ

スキ
9
本日の鈴木心写真館 7月8日 #2 「白黒パンゲア大陸なふたり」の巻

本日の鈴木心写真館 7月8日 #2 「白黒パンゲア大陸なふたり」の巻

建築家の方って、眼鏡が個性的7月8日、お次はおふたりで建築事務所を営むかほりさん、直樹さんご夫妻です。奥さま、7月末に出産予定だそう!  全身黒い服に白いシャツ、黒いスニーカーまでお揃いで、やっぱり眼鏡も個性的なおふたり。 直樹さん「合わせたわけではなく、動きやすくかつフォーマルにも対応できるって考えて自然と2人ともこういう格好になったよね」 とのこと。お付き合いは学生時代から10年を超え、建築事務所を一緒にやられている今も「意見が合わないときは、喧嘩ではな

スキ
4
本日の鈴木心写真館 7月8日 #1 「喧嘩するほど? 仲良し団子3姉妹!」の巻

本日の鈴木心写真館 7月8日 #1 「喧嘩するほど? 仲良し団子3姉妹!」の巻

J-WAVE、写真道場#2.5、そして写真館へ7月8日のお客さまは、こちらのお顔がそっくりな女性3名様。真ん中のみさ子さんは、J-WAVEで鈴木のラジオを聞き、蔦屋六本木店で開催された『鈴木心の撮影ノート』刊行イベント、通称「写真道場 #2.5」へご来場してくださったお客様。その際、鈴木による撮影を体験し、「ぜひ家族でも撮りたい」とお母様と妹さんを連れてご来店くださいました! ご自身の写真体験が、ご家族の写真体験へ。嬉しいお話です。それでは、今日もさっそくお名前から!

スキ
10
本日の“出張”鈴木心写真館:7月16日 長野県小布施町西證寺

本日の“出張”鈴木心写真館:7月16日 長野県小布施町西證寺

三連休最終日となった、7月16日の海の日。われら鈴木心写真館スタッフ一同は、ここから年末まで続く出張写真館ツアーのひとつ、長野県小布施町でのイベントへと参りました。本店スタッフ全員で出かける出張写真館、実は今回が初めての試みです。 舞台は、長野県小布施町。今回のイベントの主催は、長野県小布施町で「小布施若者会議」というプログラムを発端に生まれた「おぶせ編集室」というチームでこの小布施を盛り上げている若者たちのひとり、藤原さん。長野と東京に拠点をもち、活動的に新たなコミュニケ

スキ
12
本日の鈴木心写真館:7月7日 #1 「これ、ヤベー!」の巻

本日の鈴木心写真館:7月7日 #1 「これ、ヤベー!」の巻

織姫と彦星も絶対に会えたであろう晴天の七夕の朝、そのご家族はいらっしゃいました。2歳のたいらくんとご両親、そして5歳の小型犬のテペさんです。 「初めての家族での記念写真です」ご友人の大野さまからご紹介でご連絡いただいた、今回の撮影。こういった経緯でいらしていただけるのは、本当にありがたいことです。さて、初めてのご家族写真のとのことなのですが、こちらのご一家がここに至るまで記念写真を撮られたことがないのには大きいな理由があったのです。 「カメラ嫌いなので……お願いします!」

スキ
12
本日の鈴木心写真館/番外編:「#鈴木心写真景」キャンペーンへのご応募、ありがとうございました!

本日の鈴木心写真館/番外編:「#鈴木心写真景」キャンペーンへのご応募、ありがとうございました!

いつも鈴木心写真館のnoteをご覧いただき、誠にありがとうございます。鈴木心写真館スタッフのすえまつです。 先月募集した「#鈴木心写真景」キャンペーンへご応募いただいた皆さま、ありがとうございました! さて、鈴木による当選者発表……ではなく、私が個人的に気になったお写真をいくつかご紹介してもよろしいでしょうか!? お手製の“写真のイエ”が素敵です。鈴木心写真館の写真たちが、持ち帰っていただいてからもこんなに大事に飾っていただいているなんて!本当に嬉しくなります。 私も

スキ
3
本日の鈴木心写真館6月24日 #2「ふたりなら、克服できる苦手もある」の巻

本日の鈴木心写真館6月24日 #2「ふたりなら、克服できる苦手もある」の巻

はじまりはデ○ーズ6月24日、お次も妊娠中の博美さんと、隆さんご夫婦。出会いは、遡ること十数年前、ファミレスのアルバイトだそう! 当時高校生だったホール担当博美さんはキッチン担当の隆さんを「最初からかっこいいなと思っていた」とのこと。対して、横で静かに聞いている隆さん。 ゆもと「当時から、博美さんのほうがぐいぐいアプローチしたんですね!」 博美さん「わたし、ぐいぐいなんて、してないよね!?」 隆さん「……」 鈴木「その博美さんの発言がすでにぐいぐいですよね

スキ
12
本日の鈴木心写真館 6月24日#1「理解と尊敬のひみつ」の巻

本日の鈴木心写真館 6月24日#1「理解と尊敬のひみつ」の巻

親しき中にこそ、理解と尊敬6月24日、1組目は大塚さまご夫婦です。妊娠9ヶ月の奥さま、きりこさんは「いわゆる”マタニティー”を強調した写真ではなくて、いつも通りの2人の姿を写してもらえたら」とのこと。もともと、奥さまが新卒でご入社された会社で、上司だったという旦那さまのはやとさん。ということでお付き合いは長いそうですが…喧嘩とかするんですか? はやとさん 「喧嘩はしないよね…僕たち、理解と尊敬っていうテーマがあって。話し合えばお互いのことを理解できるし、理解できれば尊敬もし

スキ
9
本日の鈴木心写真館:6月23日 #3 「今回は撮影しません!?」の巻

本日の鈴木心写真館:6月23日 #3 「今回は撮影しません!?」の巻

6月23日3組目は、京都出身で、現在は韓国を拠点に活動するフリーランサーのチェさん。お仕事に使うプロフィール写真を撮りにいらしてくださいました。ご自身も、趣味で写真を撮られているとのこと。 「きっかけはTwitter」 「写真が好きで自分でも撮っているのですが、鈴木さんの写真はなにかが違うなと魅了されて。仕事で東京に来る機会があるから、写真館に行って感じてみようと思いました」とおっしゃるチェさん。鈴木心写真店で取り扱う本もコンプリートいただいています。ありがとうございます!

スキ
8