マガジンのカバー画像

鈴木心写真館のつくり方

24
これを読めば、あなたも鈴木心写真館がつくれちゃう! 機材のことやセッティングのことはもちろん、鈴木やスタッフの思いまでもご紹介。
運営しているクリエイター

記事一覧

写真を始めて21年。フォトグラファーが終わる日に備えるために。

山田です。ごあいさつもそこそこに、ちょっとインスタグラムで「 #鈴木心写真館への道 」と検索…

9割引する写真館の経営戦略!

※こちらは鈴木心オンラインサロンSKOOLに2022年5月2日に投稿されたものです。 鈴木です。 GW…

写真館は、ずっと先のお客様の大切な記憶にかかわる仕事です

おはようございます鈴木です。本日は珍しく雑誌の撮影で京都でございますどす。今日は写真家ら…

写真で稼ごう、生きていこう。「鈴木心写真館のつくり方」が本になります!

『鈴木心写真館のつくり方』が、2022年8月16日(火)に玄光社より発売されます。 鈴木心が、…

60分55,000円の写真館は、写真を1枚しか収めないワケ

鈴木心写真館で最高の60分を過ごした証は お見送りの際にお渡ししている1枚の写真です。 量を…

いま、写真家にできること、そして、写真家にしかできないこと。

 写真家の鈴木心です。鈴木心写真館のお正月イベントでは177組643名10匹288カットを撮影させ…

生き残る写真館vs生き残れない写真館!その生命線はどこにある?

時はスマホ時代。いつだって、どこだって、だれだって、手軽に写真を残すことができる今、写真家やカメラマン・写真館までもがいずれは廃業するであろう業種だと一部では考えられています。とはいえ、今までカメラが好きで、写真が好きで、コミュニケーションが好きで、写真館で働いてきた平山が思う”真の写真館のありかた”をお届けいたします。 写真館の醍醐味って? お客さまが写真館に行くきっかけは、その多くが七五三やお誕生日、成人などの記念撮影。「記念日だから」「子供の可愛い姿を残したいから」と

スキ
16

事件は現場で起きている!驚きの1時間を大捜査線! THE FAMILY!

みなさん事件です!鈴木心写真館が、なにやらとってもザワついております。たった1時間で、と…

今だから、スタジオを飛び出そう!

コロナ下で始まった、鈴木心写真館のロケーションフォト体験、「出前写真館」お渡しするカット…

写真館が考えに考え選んだ、いっちばん優秀な「額」とは!?

鈴木心写真館で使用している木製の額。いったいなぜこの木製の額なのか!とうきょうスタッフ松…

鈴木心の「うまくなっちゃう写真のワークショップ」では、本当に写真がうまくなっちゃ…

今はSNSを通じて全世界の人に写真を発信できる時代。でもワークショップ内では?誰に見せる?…

やっぱり写真モノクロに限るぜ!鈴木心写真館、秘伝モノクロレシピ。

泣いていても、笑っていても限りなくシンプルに、驚くほどドラマチックに物語を際立たせる、出…

写真館流!笑顔になっちゃう空間のつくりかた

「写真館じゃないみたい」と、写真館にいらっしゃって第一声に、そう感想を漏らされるお客様が…

白ばっかりで本当にいいの?鈴木心写真館がグレー背景で3万人を撮影してきた理由

こんにちは、好きな色は黒、とうきょうの平山です!この世には数多なる写真館があり、その数だけ多様なセットや背景があります。しかし、鈴木心写真館の背景はご存知の通りグレー1色。今日はその秘密を解き明かしてゆきます。 一番大切なのは、みなさまの自然な表情だから。写真を見たときに、まず表情に目がいく家族写真。そのためには、おしゃれな背景やキラキラとしたカラーは必要ありません!人の目線は明るいところから暗いところへと移るものなので、一番明るいところが人の表情、つまりお肌の色になるよう

スキ
22